全5章・3時間38分で語るドイツ100年と家族史、トーマス・ハイゼの記録映画が公開

50

旧東ドイツ出身の映画作家トーマス・ハイゼの監督作「ハイゼ家 百年」が4月24日より東京のシアター・イメージフォーラムほか全国で公開される。

「ハイゼ家 百年」

「ハイゼ家 百年」

大きなサイズで見る(全4件)

トーマス・ハイゼ

トーマス・ハイゼ[拡大]

ベルリンの壁崩壊から30年後の2019年に発表された本作は、第69回ベルリン国際映画祭フォーラム部門で、斬新かつ意欲的なテーマの作品に贈られるカリガリ賞を受賞。1910年代からハイゼ家3世代が保管してきた家族の遺品を使い、激動のドイツの100年を自らのモノローグで語っていく全5章・218分のドキュメンタリーだ。

「ハイゼ家 百年」

「ハイゼ家 百年」[拡大]

引用に次ぐ引用で積み重ねられる言葉は、戦争証言にとどまらず、分断や差別、言論の自由、ジェンダー論、そして個人のアイデンティティの問題など現代的なテーマにも及ぶ。遺品の中には、祖母のユダヤ人家族がウィーンからポーランドに強制送還される直前までベルリンに住む祖父母たちとやり取りしていた往復書簡や、東ドイツの劇作家ハイナー・ミュラーと哲学者だったハイゼの父が対談するテープなども含まれる。YouTubeでは予告編が公開中。

この記事の画像・動画(全4件)

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 トーマス・ハイゼ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。