「猿楽町で会いましょう」新公開日が決定、本日カウントダウン企画も開始

262

金子大地石川瑠華がダブル主演を務める「猿楽町で会いましょう」の新たな公開日が6月4日に決定。あわせて、本日2月24日に映画公式Twitterアカウントでカウントダウン企画がスタートする。

「#猿楽町で会いましょうについての100の告白」ビジュアル

「#猿楽町で会いましょうについての100の告白」ビジュアル

大きなサイズで見る(全11件)

「猿楽町で会いましょう」ポスタービジュアル

「猿楽町で会いましょう」ポスタービジュアル[拡大]

児山隆が監督と脚本を担当し、商業デビューを果たした本作。駆け出しのフォトグラファー小山田が、読者モデル・ユカの写真を東京・猿楽町で撮ったことから物語が展開していく。金子が小山田、石川がユカを演じ、柳俊太郎小西桜子前野健太もキャストに名を連ねている。当初2020年6月5日の封切りを予定していたが、新型コロナウイルスの影響で公開が延期となっていた。

「猿楽町で会いましょう」

「猿楽町で会いましょう」[拡大]

「#猿楽町で会いましょうについての100の告白」と題されたカウントダウン企画では、金子、石川、柳、小西、前野のインタビュー動画を公開。インタビューは100回に分けて映画公開日まで更新され、撮影現場の思い出や作品に対する意気込み、共演者の印象などがキャストたちの口から語られる。なおYouTubeではダイジェスト映像が公開中だ。

「猿楽町で会いましょう」

「猿楽町で会いましょう」[拡大]

さらに、新公開日決定にあたり金子、石川、児山からのコメントも到着。金子は「当たり前だと思っていた東京の姿と人物が、この映画に残っています。誰かの心に残るような作品になっていると思うので、楽しみにしていてください!」と、石川は「みなさんに届けられる日が来ること、この映画がどうなっていくのか私は楽しみです」とメッセージを送り、児山は「主人公の二人、小山田とユカは今もこの映画の中で、足宛いて、苦しんで、生き続けています。面白い映画だと思います。是非、映画館でご覧ください」と述べている。

「猿楽町で会いましょう」は東京・WHITE CINE QUINTO、シネ・リーブル池袋ほか全国で順次ロードショー。

※「猿楽町で会いましょう」はR15+指定作品
※柳俊太郎の柳は木へんに夘が正式表記
※足宛は足へんに宛が正式表記

金子大地 コメント

僕にとってとても大切な
「猿楽町で会いましょう」という映画の公開日が
決まってほっとしました。スタッフ・キャストの皆さんと一生懸命作り上げた
作品なので本当に嬉しい限りです。
撮影してから2年が経ちましたが、
この2年間で世の中が
全く違う世界になったように感じます。
当たり前だと思っていた東京の姿と人物が、
この映画に残っています。
誰かの心に残るような作品になっていると思うので、
楽しみにしていてください!

石川瑠華 コメント

映画や演技というものに足を踏み入れたばかりの時に児山監督にお声がけいただき出演した
「猿楽町で会いましょう」の“予告編”から始まり、
そこから映画化が決まり、長く私の中で大切にしてきた作品です。
こうして公開日が決まり、みなさんに届けられる日が来ること、この映画がどうなっていくのか私は楽しみです。
どうか無事公開日を迎えられますように。
みなさん、楽しみにしていただけたら嬉しいです。

児山隆 コメント

「猿楽町で会いましょう」は公開が一年延びました。
この一年間、毎日、「早くこの映画を観てもらいたい」と思い続けてきました。それはこの文章を書いている「今」もです。

主人公の二人、小山田とユカは今もこの映画の中で、
足宛いて、苦しんで、生き続けています。
面白い映画だと思います。

是非、映画館でご覧ください。

この記事の画像・動画(全11件)

(c)2019オフィスクレッシェンド

関連記事

金子大地のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 猿楽町で会いましょう / 金子大地 / 石川瑠華 / 児山隆 / 柳俊太郎 / 小西桜子 / 前野健太 / 春ねむり の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。