Snow ManがWeibo表彰式でわいわい、目黒蓮はザリガニ話に声弾ませる

7940

「WEIBO Account Festival in Tokyo 2020」が本日2月4日に東京・八芳園で行われ、人気男性アイドルグループ賞に輝いたSnow Manが登壇した。

Snow Man

Snow Man

大きなサイズで見る(全3件)

わいわいと話しながらサインを入れるSnow Man。

わいわいと話しながらサインを入れるSnow Man。[拡大]

2020年1月にCDデビューを果たし、同年12月には主演映画「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」が公開されたSnow Man。新人アーティスト賞を獲得した昨年は岩本照ラウール目黒蓮がグループを代表して授賞式に参加したが、今年はメンバー全員が集結した。

前列左から目黒蓮、阿部亮平。

前列左から目黒蓮、阿部亮平。[拡大]

岩本は2年連続の受賞を喜びながら「1日でも早く皆さまの前でパフォーマンスしたい」とファンにメッセージを送る。ラウールは「せっかくなので中国語で……」と前置きして「人気男性アイドルグループ賞を受賞できてうれしいです」と挨拶し、目黒と阿部亮平も「2年連続で授賞式に来ることができて光栄です」「2021年、僕たちもっとがんばります」と続いた。

その後の囲み取材で、ラウールは「さっきのセレモニーでは岩本くんも中国語をしゃべる予定だったんです。いけます?」と岩本に目配せ。岩本は「2021年は皆様とお会いするのを楽しみにしています」と中国語で述べてメンバーたちから拍手を受けた。そして目黒は「9人みんなで来ることができてうれしい。この賞に恥じないようにがんばっていきます」と決意を新たにした。さらに今後の展望を尋ねられた岩本はアジアツアーが予定通り開催できなかったことを悔しがり「その悔しさが次へ行くバネになる。落ち着いて生で会える機会が来ると絶対に信じています。会えない時間で愛を大きくできたら」とコメントし、報道陣の反応が冷静なことに気付いて「……ちょっと笑ってもらっても構わないです!」と照れ笑いを浮かべる。

「ラウールさんよろしくお願いします! 阿部ちゃんもね!」「これはそうですね、岩本さんいきましょか!」と、決められた立ち位置から数歩前に出て場を回し始めたのは向井康二。彼は深澤辰哉に「戻ってこい!」とたしなめられ、宮舘涼太はその様子を言葉を発さずにじっと見守る。また、向井がマシンガントークを繰り広げたあとでスタッフが「いったんマイクを消毒します」と申し訳なさそうに告げると、阿部と渡辺翔太佐久間大介らは崩れ落ちながら笑い声を上げた。趣味のザリガニ釣りについて2年連続で聞かれた目黒が、ぱっと表情を明るくして「行けるときに行きたい」とうれしそうに答える場面も見られた。

なお映画ナタリーでは同イベントの模様を引き続きレポートする。

この記事の画像(全3件)

関連記事

Snow Manのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 Snow Man / 岩本照 / 深澤辰哉 / ラウール / 渡辺翔太 / 向井康二 / 阿部亮平 / 目黒蓮 / 宮舘涼太 / 佐久間大介 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。