クリス・ロックやベン・ウィショーが「ファーゴ」第4弾語る、「シリーズ最高の出来」

89

海外ドラマ「FARGO/ファーゴ4」改め「FARGO/ファーゴ:カンザスシティ」の特別映像がYouTubeで公開された。

「FARGO/ファーゴ:カンザスシティ」

「FARGO/ファーゴ:カンザスシティ」

大きなサイズで見る(全8件)

「FARGO/ファーゴ:カンザスシティ」より、クリス・ロック演じるロイ・キャノン。

「FARGO/ファーゴ:カンザスシティ」より、クリス・ロック演じるロイ・キャノン。[拡大]

シリーズ第4弾となる本作は、1950年のアメリカ・ミズーリ州カンザスシティを舞台に、黒人犯罪組織とイタリア系マフィアの攻防を描く物語。シリーズでもっとも古い1950年の出来事がつづられるため、本作からシリーズ全作を観ていくという鑑賞方法でも楽しめる。ノア・ホーリーが脚本、監督、製作総指揮を兼任。シリーズにインスピレーションを与えた映画「ファーゴ」のジョエル・コーエンイーサン・コーエン兄弟も製作総指揮として参加した。

「FARGO/ファーゴ:カンザスシティ」より、ジェイソン・シュワルツマン演じるジョスト・ファッダ。

「FARGO/ファーゴ:カンザスシティ」より、ジェイソン・シュワルツマン演じるジョスト・ファッダ。[拡大]

「FARGO/ファーゴ:カンザスシティ」より、ベン・ウィショー演じるラバイ・ミリガン。

「FARGO/ファーゴ:カンザスシティ」より、ベン・ウィショー演じるラバイ・ミリガン。[拡大]

このたび公開された映像には、キャストとスタッフのインタビューを収録。黒人犯罪組織のボスであるロイ・キャノンを演じるクリス・ロックは「シリーズ最高の出来だ。壮大なスケールで描かれている」と語り、イタリアンマフィアの長男ジョスト・ファッダを演じるジェイソン・シュワルツマンは「過去の3シーズンすべてを足したスケールに等しい」と述べている。また幼少期にユダヤ系マフィアの家にトレードされたアイリッシュマフィアの息子ラバイ・ミリガンを演じるベン・ウィショーは「『ファーゴ』はアメリカ史を掘り下げる作品だ」とコメントした。

全11話の「FARGO/ファーゴ:カンザスシティ」は、1月29日より毎週金曜に1話ずつAmazon Prime Videoチャンネル「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」で配信。第1話、第2話のみ1月29日に同時配信される。またBS10 スターチャンネルでは4月以降に放送される予定だ。

海外ドラマ「FARGO/ファーゴ:カンザスシティ」

スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS- 2021年1月29日(金)配信スタート
※全11話

この記事の画像・動画(全8件)

関連記事

クリス・ロックのほかの記事

リンク

(c) 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. FARGO (Year 4) (c) 2021 MGM Television Entertainment Inc. and FX Productions, LLC. Based on the film “FARGO” FARGO is a trademark of Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 クリス・ロック / ベン・ウィショー / ジェイソン・シュワルツマン / ジョエル・コーエン / イーサン・コーエン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。