清水くるみが“一見ホラー”な主演作アピール「ラブストーリーを楽しんで」

65

日仏合作映画「海の底からモナムール」より、主演を務めた清水くるみのインタビューコメントが公開された。

清水くるみ

清水くるみ

大きなサイズで見る(全19件)

「海の底からモナムール」ポスタービジュアル

「海の底からモナムール」ポスタービジュアル[拡大]

清水が桐山漣とダブル主演を務めた本作は、エリック・ロメール監督作の音楽監督などを務めてきたロナン・ジルの長編第2作。10年前にいじめが原因で崖から飛び降り、17歳の姿のまま瀬戸内海の海底にいる少女ミユキと、彼女が思いを寄せていた相手・タクマの物語が描かれる。桐山がタクマ、清水がミユキに扮した。

「海の底からモナムール」

「海の底からモナムール」[拡大]

本作における「日本映画ではあまり見かけないシチュエーション」について、「そういうものなんだな」と思いながら脚本を理解していったという清水。あるシーンがエロティックに見えたという感想を聞いて「撮影中はエロティックに見えるとは想像していなかったんですけれど、たぶん監督がそういうふうに映したかったんだろうなと、完成した作品を観て思いました」と語る。

清水は本作を「一見ホラー映画ですけれど、ホラー映画が観られない人も視点を変えることで、女子高生の切ない純愛ラブストーリーとして観られるので、抵抗なく観てほしいなと思います」と紹介。「フランス映画を観るような気持ちでラブストーリーを楽しんでいただければと思います」とアピールした。

「海の底からモナムール」は12月4日より東京・アップリンク吉祥寺ほかでロードショー。

※桐山漣の漣はさんずいに連が正式表記

この記事の画像・動画(全19件)

関連記事

清水くるみのほかの記事

リンク

(c)Besoin d'Amour Film Partners

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 海の底からモナムール / 清水くるみ / ロナン・ジル の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。