桐山漣が「海の底からモナムール」の見どころ語る「いい意味でぶっ飛んでいる」

182

日仏合作映画「海の底からモナムール」のキャスト、桐山漣のインタビューコメントが到着した。

桐山漣

桐山漣

大きなサイズで見る(全19件)

「海の底からモナムール」ポスタービジュアル

「海の底からモナムール」ポスタービジュアル[拡大]

桐山と清水くるみがダブル主演を務めた本作は、エリック・ロメール監督作の音楽監督などを務めてきたロナン・ジルの長編第2作。10年前にいじめが原因で崖から飛び降り、17歳の姿のまま瀬戸内海の海底にいる少女ミユキと、彼女が思いを寄せていた相手・タクマの物語が描かれる。桐山がタクマ、清水がミユキを演じた。

「海の底からモナムール」

「海の底からモナムール」[拡大]

「海の底からモナムール」

「海の底からモナムール」[拡大]

日本のホラー作品「呪怨 -ザ・ファイナル-」「貞子」に出演した経験のある桐山は、本作について「日本のザ・ホラーっていうようなホラーではないという違いがあります。『貞子』であったら幽霊である貞子、『呪怨』で言ったら伽椰子や俊雄くんとかがお化けとしてのルックス・容姿であるのに対して、本作のミユキは、ちゃんと人間の形をしています。白塗りだったり髪の毛が前に垂れていたり、要は怖がらせるような容姿ではないことが大きな違いだと思います」と語る。

「海の底からモナムール」

「海の底からモナムール」[拡大]

「海の底からモナムール」

「海の底からモナムール」[拡大]

見どころを聞かれると、桐山は「なかなかない不思議な設定です。幽霊が人間を海に引きずり込んだり、ストローを使って生き血を吸うというのが、日本人の感覚にはないような、いい意味でぶっ飛んでいる描写だと思います」とコメント。「ホラーというジャンルだけでは収まりきらないような純愛の映画でもあると思うので、そういったところが見どころだと思います」と述べた。

「海の底からモナムール」は12月4日より東京・アップリンク吉祥寺ほかでロードショー。

※桐山漣の漣はさんずいに連が正式表記

この記事の画像・動画(全19件)

関連記事

桐山漣のほかの記事

リンク

(c)Besoin d'Amour Film Partners

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 海の底からモナムール / 桐山漣 / ロナン・ジル の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。