池脇千鶴が40歳の新米ホステス&伝説のママに、ドラマ「その女、ジルバ」で主演

140

池脇千鶴が主演を務める連続ドラマ「その女、ジルバ」が、2021年1月9日より東海テレビ・フジテレビ系で放送される。

池脇千鶴演じる笛吹新。

池脇千鶴演じる笛吹新。

大きなサイズで見る(全6件)

池脇千鶴演じるジルバ。

池脇千鶴演じるジルバ。[拡大]

第23回手塚治虫文化賞マンガ大賞に輝いた有間しのぶのマンガをドラマ化した本作。大手百貨店の倉庫で働く人生崖っぷちの40歳OL・笛吹新(うすいあらた)が、ホステスの平均年齢が70歳以上の高齢バー・BAR OLD JACK & ROSEと出会うことから物語が展開していく。池脇は「変わりたい!」と飛び込んだバーで“アララ”という源氏名をもらい大きな変貌を遂げていく新と、伝説のママ・ジルバを1人2役で演じる。「Dr.コトー診療所」の吉田紀子が脚本を担当。「一億円のさようなら」の村上牧人、「忘却のサチコ」の根本和政らが監督を務める。

「その女、ジルバ」

「その女、ジルバ」[拡大]

連続ドラマの主演は9年ぶりとなる池脇。「原作がおもしろかった、というのが出演を決めた大きな理由です」と明かし「共演者に、お姉さま方が多い現場も初めてです。皆さんとても明るくて、わたしよりもパワフルで、キャッキャキャッキャと声が聞こえてきます。『寒くない?』『ちゃんと寝られてる?』といつも気遣ってくださったり、励ましてくださったり、すごく和気あいあいとしています」と撮影現場の様子を語った。有間とプロデューサー・遠山圭介のコメントは以下に掲載している。

全10回のオトナの土ドラ「その女、ジルバ」は、毎週土曜日23時40分からオンエア。

オトナの土ドラ「その女、ジルバ」

東海テレビ・フジテレビ系 2021年1月9日(土)~3月13日(土)毎週土曜 23:40~24:35(予定)
※全10回

池脇千鶴 コメント

原作がおもしろかった、というのが出演を決めた大きな理由です。ドラマに出演するのはすごく久しぶりで、主演は9年ぶりです。
女性で主演ができることは、ありがたいなと思います。
ドラマの台本は原作をギュっと抜粋している分、一つのシーンがすごく長かったり、皆さんとのいろんな会話が何ページもあったりするので、久々にドキドキしました。
私が演じる新は、引っ込み思案で、失恋もしていて、自分に自信のない女の人。“猫背気味”というか、あんまり人としゃべるのが得意じゃない、そういうところを演じられればいいなと思っています。
共演者に、お姉さま方が多い現場も初めてです。皆さんとても明るくて、わたしよりもパワフルで、キャッキャキャッキャと声が聞こえてきます。「寒くない?」「ちゃんと寝られてる?」といつも気遣ってくださったり、励ましてくださったり、すごく和気あいあいとしています。
「その女、ジルバ」は、キラキラした恋愛ものではなく、酸いも甘いも乗り越えてきた人たちが描かれている作品です。見ごたえもありますので、夜ふとテレビつけた方が引き込まれる作品になると思います。ぜひご覧ください。

有間しのぶ コメント

有間しのぶによるイラスト。

有間しのぶによるイラスト。[拡大]

あちこちでお話ししたことですが、「その女、ジルバ」は連載開始から終了まで、
本当にたくさんの方に支えていただいた幸福な作品でした。
それが今回は憧れの脚本家吉田紀子さんのシナリオで、
大好きな女優さん俳優さんが目白押しで出演のドラマになるとは、
まだふわふわして信じられない思いです。
マンガの連載中に色々な方に取材し、また、寄せられたご感想を読んで痛感したのは、
世の中にはなんて多くの人が「あんまり報われないけれど、
自分は自分に正直にやっていく」と肚をくくっているんだろうということでした。
声高でもなく、本人は手柄とも思わず。
でもその矜持の美しさに、心の中で頭をさげることが多くありました。
このドラマは、そうした想いをなにより大切に、手の中に包みこんでくれています。
きっととても素敵なドラマになると、私が一番楽しみにしています。
ご一緒にご覧頂けましたら幸いです。

遠山圭介(プロデューサー)コメント

辛いことが多かった2020年、明けた2021年はポジティブに歩める一年になってほしい。そんな思いで制作している「その女、ジルバ」。平均年齢70歳以上、40歳未満のホステスはお断りという高齢熟女バーで繰り広げられる、笑いと涙のエンターテイメントです。
原作を初めて読んだとき、どんな困難も明るく笑い飛ばす熟女ホステスたちのパワーに圧倒されると同時に、勇気を出して一歩を踏み出し、前向きに人生をリスタートさせる主人公の素直な心に惹かれました。
笛吹新役をお願いする池脇千鶴さんは、当初からこの役にぴったりだと考えていましたが、実際に撮影がスタートすると、その期待を何倍をも上回る“新”っぷり。まさに原作マンガから飛び出してきたかのようです。さえない生活を送っていた女性が、シンデレラのように見違えて人生が変わり始める。池脇さん演じる“新”が“アララ”へと強く美しく変貌を遂げていく様は、必ずや見る人の胸を打ち、共感できるはずです。
「ここで今までと全くちがう何かをしないと、あたしは、自分の人生を嫌いになってしまう」
原作にも登場する、とても好きな台詞です。
“何か”をしなければいけないと焦っているけど、その“何か”がわからない。
そう思っている方、まずはこのドラマを観てみてください。
どんな逆境にもめげずに明るく生き抜いてきた熟女たちのパワーと、前向きな人生を歩み始める新の姿に、きっと勇気をもらえるはずですから。
新年の土曜の夜、思い切り笑ってホロリと泣け、明るい気持ちにさせてくれる素敵なドラマをお届けします!

この記事の画像(全6件)

関連記事

池脇千鶴のほかの記事

リンク

関連商品

(c)東海テレビ

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 池脇千鶴 / 有間しのぶ / 根本和政 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。