Eveの楽曲流れる「ジョゼと虎と魚たち」ロングPV公開、猪狩ともかのコメントも到着

139

アニメ映画「ジョゼと虎と魚たち」のロングPVがYouTubeで公開された。

「ジョゼと虎と魚たち」新ビジュアル

「ジョゼと虎と魚たち」新ビジュアル

大きなサイズで見る(全20件)

田辺聖子の同名小説をもとにした本作は、車椅子生活を送る少女ジョゼと大学生・恒夫の関係を描く物語。2003年には妻夫木聡と池脇千鶴の共演で実写映画化された。中川大志が恒夫、清原果耶がジョゼに息を吹き込み、宮本侑芽興津和幸Lynn、松寺千恵美も出演に名を連ねる。ゲスト声優として見取り図の盛山晋太郎、リリーも参加した。

Eveによる主題歌「蒼のワルツ」、挿入歌「心海」が流れる本映像。恒夫とジョゼが出会う坂道のシーンや、ジョゼの「最初で最後のチャンスかもしれないんや」というセリフが収録された。

また猪狩ともか、伊藤智彦水島努らのコメントも到着。猪狩は「心温まるだけでなく、とてもキュンキュンする映画でした」とつづる。伊藤は「この作品が放つピュアネスこそ、いま求められているものだと思う」、水島は「いろいろなことを諦めてしまうのは簡単です。諦めずに何かにチャレンジすると、けっこう傷つくので。それでも傷つきながら進んでいく、そんな人たちに寄り添う、映画です」とコメントした。

タムラコータローが監督した「ジョゼと虎と魚たち」は12月25日に公開。桑村さや香が脚本を担当し、ボンズがアニメーション制作を手がけた。

朝霧カフカ(漫画原作者 / 小説家)コメント

目に見える何もかもが素晴らしい。風景、光のゆらぎ、キャラクターの横顔、表情、美しい主線がつくりだす繊細な身体性、その身体と車椅子が組み合わさって生まれる、痛々しいまでの生の実感。大傑作。

猪狩ともか(アイドル・仮面女子)コメント

恒夫と出会ったことで、どんどん外の世界をしっていくジョゼはとてもキラキラしていました。心温まるだけでなく、とてもキュンキュンする映画でした。私も車いすで坂道を転げ落ちて出逢いを見つけたいです!(笑)

イシグロキョウヘイ(アニメーション監督)コメント

浮力は絵に宿る。そこが地上か水中かは関係なく。身体的にも心理的にも枷が外れて恒夫とジョゼが本当の意味で自由にソラを飛べたのは、タムラさんや飯塚さんはじめ、スタッフ全員が作品に誠実であったからこそ。染み入りますね、うん。

伊東歌詞太郎(シンガーソングライター / 小説家)コメント

映画の中で一番好きな「ジョゼ」。いてもたってもいられずに見せていただきました。制作陣の新しいジョゼを作るにあたってのとてつもない苦労と愛が実を結んだという印象です。とても嬉しいアニメ化でした!

伊藤智彦(アニメーション監督)コメント

美しい画面、真摯な登場人物たち、それに寄りそう音楽。人と人が孤立し引き裂かれる時勢のなかで、ほんの少し優しくなれる気がする。この作品が放つピュアネスこそ、いま求められているものだと思う。ぜひ大切な誰かと一緒に感じてほしいです。

大河内一楼(脚本家)コメント

美しい映画でした。映像はもちろん、登場人物の心が。困難とそれに立ち向かうありよう、そして選択。見ている自分の心すら少しきれいになったような、とても美しくて心地よい映画でした。

水島努(アニメーション監督)コメント

いろいろなことを諦めてしまうのは簡単です。諦めずに何かにチャレンジすると、けっこう傷つくので。それでも傷つきながら進んでいく、そんな人たちに寄り添う、映画です。

三戸なつめ(女優・タレント・モデル)コメント

美しい映像と音楽の中からヒリヒリとする感情が伝わってきました。2人の事を応援しながら観ていましたが、気が付けば私自身がとても勇気をもらえた映画でした。観終わった今でも2人の事が気になっています(笑)

この記事の画像・動画(全20件)

関連記事

中川大志のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ジョゼと虎と魚たち / 中川大志 / 清原果耶 / 宮本侑芽 / 興津和幸 / Lynn / 見取り図 / Eve / タムラコータロー / イシグロキョウヘイ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。