米アーティスト、マット・フューリーの悲劇と社会の“今”を映すドキュメンタリー公開

119

2020年のサンダンス映画祭で審査員特別賞新人賞を受賞した「フィールズ・グッド・マン」が、2021年3月12日より東京・ユーロスペース、新宿シネマカリテほか全国で順次公開される。

「フィールズ・グッド・マン」ティザービジュアル

「フィールズ・グッド・マン」ティザービジュアル

大きなサイズで見る(全6件)

「フィールズ・グッド・マン」ティザービジュアル

「フィールズ・グッド・マン」ティザービジュアル[拡大]

本作はアメリカのアーティスト、マット・フューリーが生み出したキャラクターのたどる数奇な運命と社会の今を、アニメーションを織り交ぜて描き出すドキュメンタリー。タイトルはカルト的な人気を誇るフューリーのマンガ「Boy's Club」の主人公、カエルのペペが放ったセリフ「feels good man(気持ちいいぜ)」から取ったものだ。

「フィールズ・グッド・マン」

「フィールズ・グッド・マン」[拡大]

いつからかインターネットの掲示板やSNSには、このセリフとともに“ネットミーム”として改変されたペペがあふれ出し、2016年アメリカ大統領選時には匿名掲示板で人種差別的なイメージとともに拡散された。そのうえADL(名誉毀損防止同盟)からヘイトシンボルとして正式認定され、フューリーの思いとは裏腹にペペの乱用は加速していった。そこで監督のアーサー・ジョーンズは、友人のフューリーを助けるためドキュメンタリーを制作。アニメーションを駆使しながら問題を浮き彫りにした。本編にはNetflixオリジナルアニメ「ボージャック・ホースマン」のリサ・ハナウォルトやマンガ家のジョニー・ライアンらクリエイターも登場する。

この記事の画像・動画(全6件)

関連記事

リンク

(c)2020 Feels Good Man Film LLC

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 フィールズ・グッド・マン / アーサー・ジョーンズ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。