小川紗良“わちゃわちゃ”した主演作を述懐、神尾楓珠は「僕らの青春でした」

196

ビューティフルドリーマー」の初日舞台挨拶が本日11月6日に東京・テアトル新宿で行われ、キャストの小川紗良藤谷理子神尾楓珠内田倭史ヒロシエリ森田甘路池田純矢、監督の本広克行が登壇した。

「ビューティフルドリーマー」初日舞台挨拶の様子。左から池田純矢、森田甘路、内田倭史、藤谷理子、小川紗良、神尾楓珠、ヒロシエリ、本広克行。

「ビューティフルドリーマー」初日舞台挨拶の様子。左から池田純矢、森田甘路、内田倭史、藤谷理子、小川紗良、神尾楓珠、ヒロシエリ、本広克行。

大きなサイズで見る(全20件)

小川紗良

小川紗良[拡大]

本作は押井守の原案をもとに、とある美術大学の映画研究会が“いわくつきの台本”「夢みる人」の映画化に挑むさまを描く物語。小川は「私たち現場で仲良くなりすぎて、ずっと撮影の合間にトランプやワードウルフでめちゃくちゃ盛り上がっていて。でもそんな時間がエチュードの稽古になっていたんじゃないかなと、あとから思いました」とキャストたちを見回しながら懐かしむ。そして「撮影中はコロナもなく、すごくぎゅっとしていて。そのときのみんなのわちゃわちゃ感がそのまま映っていると思うので、素直に楽しんでいただけたらと」と述べた。

藤谷理子

藤谷理子[拡大]

神尾楓珠

神尾楓珠[拡大]

藤谷もうなずきながら「カメラが回ってるんだか回ってないんだかわからないところもあって(笑)。私はあの期間はずっとカメラが回っていたんだなという気分でいます」と述懐。撮影期間を「僕らの青春でした」と振り返った神尾は「それを観て皆さんにも青春を感じていただけたらうれしいです。それで仲良くなってみんなでワードウルフをしたらいいんじゃないでしょうか!」と客席に語りかけた。

内田倭史

内田倭史[拡大]

ヒロシエリ

ヒロシエリ[拡大]

森田甘路

森田甘路[拡大]

イベントではMCも担当した池田から見どころを尋ねられた内田が「この映画は頭からお尻まで順番に撮影をしていったので、僕らの関係性も撮影を経るごとにどんどん変わっていって。その様子がよくも悪くも(笑)、スクリーンに出ていますのでツッコミながら楽しんでください」と紹介。続いて、ヒロは「エチュードならではの細かいセリフや、横でふざけている様子など見どころが盛りだくさんです。ぜひ皆さん100回くらい観ていただいて、そのたびにSNSで広めていただければ!」とアピールし、「このご時世の中、劇場版『鬼滅の刃』無限列車編にお越しいただき……」と語り出して笑いを誘った森田は「同じ“夢”がテーマということで、負けてらんねえぞ!と。“肉柱”としてね」と畳みかけて盛り上げた。

本広克行

本広克行[拡大]

ムービーカメラに向けてポーズを取るキャストたち。

ムービーカメラに向けてポーズを取るキャストたち。[拡大]

最後に本広は「ここからきっとたくさんのスターが羽ばたいていくと思います。楓珠はもうスターだけどね(笑)」と神尾に声を掛けつつ、「僕の作品は全作品でスターが生まれていますので、その目撃者としてご覧いただけたら」とコメント。映画実験レーベル「Cinema Lab(シネマラボ)」の第1弾である本作に続く第2弾作品については、「第2弾は押井守監督が登場しますので、このシリーズも応援していただけたらありがたいです」と呼びかけた。

「ビューティフルドリーマー」は全国で公開中。

この記事の画像・動画(全20件)

関連記事

小川紗良のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020 映画「ビューティフルドリーマー」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ビューティフルドリーマー / 小川紗良 / 藤谷理子 / 神尾楓珠 / 内田倭史 / ヒロシエリ / 森田甘路 / 池田純矢 / 本広克行 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。