「ジオラマボーイ」で音楽担当した相対性理論・山口元輝のコメント到着

32

山田杏奈と鈴木仁がダブル主演を務める「ジオラマボーイ・パノラマガール」で音楽を担当した山口元輝のコメントが到着した。

「ジオラマボーイ・パノラマガール」メインビジュアル

「ジオラマボーイ・パノラマガール」メインビジュアル

大きなサイズで見る(全19件)

岡崎京子のマンガを瀬田なつきが実写化した本作は、“平坦で平凡”な女子高生・渋谷ハルコと、彼女に一目惚れされた少年・神奈川ケンイチの恋を描く物語。ハルコを山田、ケンイチを鈴木が演じ、森田望智、成海璃子、大塚寧々らもキャストに名を連ねた。

山口元輝

山口元輝[拡大]

「ジオラマボーイ・パノラマガール」

「ジオラマボーイ・パノラマガール」[拡大]

バンド・相対性理論のドラマーとしても知られる山口。過去には、瀬田が監督を務めた「PARKS パークス」のエンディングテーマとして、相対性理論の「弁天様はスピリチュア」が使用されている。山口は「今回は初めて映画音楽として監督のより近くで関わらせていただきましたが、主人公たちが明るく合唱するエンディングのアイデアを監督と松田(広子)プロデューサーから伺ったとき、本編の他の場面の音楽も、映画の中の彼女たちが楽しそうに楽器を鳴らして作ってくれるような気を催していました」とコメントした。

「ジオラマボーイ・パノラマガール」は11月6日より東京・新宿ピカデリー、WHITE CINE QUINTO(ホワイト シネクイント)ほか全国で公開。

山口元輝 コメント

今回は初めて映画音楽として監督のより近くで関わらせていただきましたが、主人公たちが明るく合唱するエンディングのアイデアを監督と松田(広子)プロデューサーから伺ったとき、本編の他の場面の音楽も、映画の中の彼女たちが楽しそうに楽器を鳴らして作ってくれるような気を催していました。
楽器を触ったことがない(かは不明)女子高校生3人組が気持ちと勢いで演奏した音楽、という勝手な妄想は初期ザ・スリッツで連想した単なる思い付きのようですが、成長期真っただ中のティーンズとそれを囲う東京のインダストリアルノイズの後ろで、あの世界にふさわしい音楽が鳴っていてくれたら幸いです。

この記事の画像・動画(全19件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

瀬田なつきのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020岡崎京子/「ジオラマボーイ・パノラマガール」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ジオラマボーイ・パノラマガール / 瀬田なつき / 相対性理論 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。