山田裕貴、さわやかな教師役で田中圭と共演「何としても“バズる”ドラマにします」

590

田中圭が主演を務めるテレビ朝日系の連続ドラマ「先生を消す方程式。」に、山田裕貴が出演する。

山田裕貴演じる頼田朝日。

山田裕貴演じる頼田朝日。

大きなサイズで見る(全4件)

「先生を消す方程式。」ビジュアル

「先生を消す方程式。」ビジュアル[拡大]

鈴木おさむが脚本を手がけた本作の舞台は、進学校“帝千学園”の3年D組。田中演じる新担任教師・義澤経男と、彼の殺害を計画する生徒たちのバトルが描かれる。山田は3年D組の副担任・頼田朝日(よりたあさひ)役で出演。さわやかで生徒からの人気も高く、義澤に寄り添う心強い存在となる教師だ。

山田は「田中圭さんとはこれまでにも何度か共演していて、今回は担任と副担任という関係でご一緒できるのが楽しみです」とコメント。「圭さんのドラマに対する熱意と同じくらい熱い気持ちを僕も持っているので、何としても“バズる”ドラマにします!」と熱く語った。

小松隆志らが監督を務める「先生を消す方程式。」は10月31日にスタート。毎週土曜の23時より放送される。

土曜ナイトドラマ「先生を消す方程式。」

テレビ朝日系 2020年10月31日(土)スタート 毎週土曜 23:00~23:30

山田裕貴 コメント

衝撃的なタイトルを初めて聞いたとき、どう思ったか

主人公が消されるはずがないので、「僕が演じる副担任が消されるんですか?」という疑問が真っ先に頭に浮かびました。もしそうなら、なるべく長く生き残れるように頑張りたいと思いました(笑)。

脚本の感想

鈴木おさむさんの書かれる脚本って、“仕掛け”がすごいですよね。ドラマの常識にとらわれない、ものすごいものが飛び出してくるイメージがあります。今回もドラマの概念をぶっ壊すような面白いことが出来るんじゃないか、という気がしています。この「先生を消す方程式。」の脚本は、義澤先生のセリフのひとつひとつがすごく刺さりました。僕自身、情熱のある先生が好きなので、自分が学生だったら慕っていたはずです。義澤先生の言葉は生徒に向けてのものですが、朝日にも何かしら響いて、朝日のキャラクターもいろいろ変化していくと思います。

頼田朝日をどのように演じたいか

「本当に人の良い先生だな」と思ってもらえる演技がしたいです。台本を読んで、「柔和な雰囲気なのかな」という印象を受けたので、セリフをゆっくりしゃべったり、言葉の端々に温かみを感じさせたり、これまでにない演技のアプローチをしたいと思っています。

視聴者へのメッセージ

田中圭さんとはこれまでにも何度か共演していて、今回は担任と副担任という関係でご一緒できるのが楽しみです。圭さんはお会いしたとき、「義澤ってセリフの量、多いよね!?」っておっしゃっていましたが(笑)、確かにそうなので、朝日が副担任として義澤先生をバックアップするように、僕もいろんな面で圭さんを支えていきたいです。圭さんは「演じる僕たちによっていくらでも面白く出来るんじゃないか」とも話していて、それならば絶対、面白い作品にしたいです。圭さんのドラマに対する熱意と同じくらい熱い気持ちを僕も持っているので、何としても“バズる”ドラマにします!

この記事の画像(全4件)

関連記事

山田裕貴のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 山田裕貴 / 田中圭 / 鈴木おさむ / 小松隆志 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。