グランプリには10万円贈呈、「パピチャ」“勝負服”のデザイン画募集開始

29

パピチャ 未来へのランウェイ」より、「わたしらしく、闘う“勝負服”コンテスト」と銘打たれた学生向けのコンテストが本日9月18日から10月12日にかけて実施される。

「パピチャ 未来へのランウェイ」より、「わたしらしく、闘う“勝負服”コンテスト」ビジュアル。
左からムニア・メドゥール、篠原ともえ、ヴィヴィアン佐藤。

「パピチャ 未来へのランウェイ」より、「わたしらしく、闘う“勝負服”コンテスト」ビジュアル。 左からムニア・メドゥール、篠原ともえ、ヴィヴィアン佐藤。

大きなサイズで見る(全11件)

「パピチャ 未来へのランウェイ」ビジュアル

「パピチャ 未来へのランウェイ」ビジュアル[拡大]

アルジェリアで1991年に始まった内戦“暗黒の10年”を背景にした本作。イスラム原理主義による女性弾圧の真実が、ファッションデザインに夢中な大学生のネジュマらの視点から描かれる。命懸けでファッションショーを行うことを決意するネジュマを、ウェス・アンダーソンの最新作「The French Dispatch(原題)」にも出演するリナ・クードリが演じた。シリン・ブティラ、アミラ・イルダ・ドゥアウダ、ザーラ・ドゥモンディもキャストに名を連ねる。

世界的に未曾有の事態に直面している中、日本でも過酷な状況下で夢を追いかけている人たちを応援したいという思いから生まれた今回の企画。映画公式Instagramをフォロー後、応募規定に沿ったデザイン画を自分のInstagramアカウントでハッシュタグ「#パピチャ」「#ファッションデザインコンテスト」とともに投稿すれば応募完了。なお郵送応募もできるため、詳細は公式サイトを確認しよう。日本在住の学生個人によるオリジナル作品のみ受け付け可能だ。

応募作品は本作の監督ムニア・メドゥールのほか、篠原ともえヴィヴィアン佐藤が審査し、優秀作品を選出する。グランプリ1名には10万円が贈られるほか、その作品が東京・Bunkamura ル・シネマで展示される予定。優秀賞2名にはAmazonギフト券1000円分に加え、同じく作品の展示権利が与えられる。

「パピチャ 未来へのランウェイ」は10月30日にBunkamura ル・シネマ、東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開。

この記事の画像・動画(全11件)

関連記事

リンク

(c)2019 HIGH SEA PRODUCTION – THE INK CONNECTION – TAYDA FILM – SCOPE PICTURES – TRIBUS P FILMS - JOUR2FETE – CREAMINAL - CALESON – CADC

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 パピチャ 未来へのランウェイ / ムニア・メドゥール / リナ・クードリ / 篠原ともえ / ヴィヴィアン佐藤 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。