命懸けのファッションショー…内戦下アルジェリア舞台に大学生の決意描く映画公開

61

第72回カンヌ国際映画祭のある視点部門に正式出品された「Papicha」が、「パピチャ 未来へのランウェイ」の邦題で10月30日に東京のBunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開される。

「パピチャ 未来へのランウェイ」ビジュアル

「パピチャ 未来へのランウェイ」ビジュアル

大きなサイズで見る(全7件)

「パピチャ 未来へのランウェイ」

「パピチャ 未来へのランウェイ」[拡大]

「パピチャ 未来へのランウェイ」

「パピチャ 未来へのランウェイ」[拡大]

「パピチャ 未来へのランウェイ」

「パピチャ 未来へのランウェイ」[拡大]

アルジェリアで1991年に始まった内戦“暗黒の10年”を背景にした本作では、イスラム原理主義による女性弾圧の真実が、ファッションデザイナーを夢見る女性の視点から描かれる。イスラム原理主義の台頭によりテロが頻発し、ヒジャブの着用を強制するポスターがいたるところに貼られるようになっていた1990年代の首都アルジェ。ファッションデザインに夢中な大学生のネジュマは、それに従うことを拒んでいた。そしてある悲劇的な出来事をきっかけに、自分たちの自由と未来のため、命懸けでファッションショーを行うことを決意する。

「パピチャ 未来へのランウェイ」

「パピチャ 未来へのランウェイ」[拡大]

アルジェリアで17歳まで暮らし、本作で長編映画監督デビューを果たしたムニア・メドゥール自身の経験から生まれた「パピチャ 未来へのランウェイ」。2019年12月に大統領選を控え、政治情勢が不安定となっていたアルジェリアでは、同年9月に実施が予定されていた本作の先行上映が当局により説明なしに中止されている。「同年9月30日までに本国での上映が必要」というエントリー要件を満たさないため、第92回アカデミー賞国際長編映画賞への代表選出が危ぶまれたが、最終的に特例措置でアルジェリア代表として選考に進むことが許可された。

ネジュマを演じたのは、ウェス・アンダーソンの最新作「The French Dispatch(原題)」にも出演するアルジェリア出身のリナ・クードリ。クードリは本作で第45回セザール賞の有望若手女優賞を獲得している。そのほかシリン・ブティラ、アミラ・イルダ・ドゥアウダ、ザーラ・ドゥモンディがキャストに名を連ねた。

同賞で新人監督賞を受賞したメドゥールは「この映画が女性たちの心の扉を開き、声を上げるきっかけになることを願ってやまない」とコメントしている。なお“パピチャ”は、アルジェリア語のスラングで“愉快で魅力的で常識にとらわれない自由な女性”という意味だ。YouTubeでは予告編が公開中。

この記事の画像・動画(全7件)

リンク

(c)2019 HIGH SEA PRODUCTION – THE INK CONNECTION – TAYDA FILM – SCOPE PICTURES – TRIBUS P FILMS - JOUR2FETE – CREAMINAL - CALESON – CADC