シソンヌじろうは漢字でどう書く?「甘いお酒でうがい」台湾版ポスター完成

142

大九明子監督作「甘いお酒でうがい」が台湾で12月4日に劇場公開される。このたび台湾版のポスタービジュアルが到着した。

「甘いお酒でうがい」台湾版ポスタービジュアル

「甘いお酒でうがい」台湾版ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全17件)

じろうシソンヌ)が長年コントで演じてきた40代の独身女性・川嶋佳子による日記という体で書かれた小説を映画化した本作。とある会社で派遣社員として働く佳子の悲喜こもごもが描かれる。松雪泰子が佳子を演じ、黒木華、清水尋也らが共演した。

脚本も手がけたじろうは、日本では「じろう(シソンヌ)」とクレジットされているが、台湾版のポスターでは上部に「大河原次郎」と本名で記載されている。2019年に台湾・高雄映画祭で本作が上映された際には、大九がこの表記に気付いて「原作者“大河原次郎”! 本名!(笑)」と台湾からじろうにLINEでメッセージを送ったという。なお本名での記載については、特に日本からの指示ではないそう。

「甘いお酒でうがい」9月25日より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、テアトル新宿ほか全国でロードショー。

この記事の画像・動画(全17件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

大九明子のほかの記事

リンク

関連商品

(c)吉本興業

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 甘いお酒でうがい / 大九明子 / シソンヌ / じろう の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。