映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

松雪泰子主演「甘いお酒でうがい」レイザーラモンRGと空気階段もぐらのコメント到着

112

松雪泰子主演作「甘いお酒でうがい」にカメオ出演しているレイザーラモンRGと鈴木もぐら(空気階段)のコメントが到着した。

シソンヌのじろうが長年コントで演じてきた同名キャラクターによる日記という体で書かれた小説をもとにした本作。とある会社で派遣社員として働く40代の独身女性・川嶋佳子の悲喜こもごもの日常が描かれる。松雪が佳子役で出演し、大九明子が監督を務めた。

RGが演じたのは佳子がスーパーで見かける子供連れの父親だ。RGは「『美人が婚活してみたら』に続き大九明子監督とシソンヌじろうの強力タッグ作品に二度も出れたので、メディアで『好きな映画はなんですか?』と聞かれたら『う~ん...俺は映画に出る側なんで...』と答えがち♪ 一般人に馴染みすぎてRGってわからないかも知れないです!」と述べている。

佳子の同僚に扮した鈴木は「毎夜毎夜、歌舞伎町のBARのバイトで辛いお酒を吐きながら、なんとか生きながらえてるこの私が、こんな素敵な映画に出演できる日が来るとは思いもしませんでした」と感想を伝え、「スーツで上品に牛丼食ってる彼女も。家庭菜園でサラダ作ってるあの娘も、隣でハナハナ売ってる貴方も、甘いお酒でうがい、してたりするんじゃないのかなあ」とコメントした。

「甘いお酒でうがい」は、4月10日に東京・テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国で公開。

(c)吉本興業

映画ナタリーをフォロー