玉城ティナ「極主夫道」に出演、龍のインスタが好きな女子大生役

250

玉城ティナが、玉木宏主演の連続ドラマ「極主夫道」に参加していることがわかった。

玉城ティナ演じる大前ゆかり。

玉城ティナ演じる大前ゆかり。

大きなサイズで見る(全8件)

おおのこうすけによる同名マンガをもとにした「極主夫道」は、不死身の龍として裏社会で知られる男・龍が主人公のヒューマン任侠コメディ。玉木が極道から足を洗い主夫業に打ち込む龍役を務め、川口春奈が妻の美久、志尊淳が龍の元舎弟・雅、古川雄大が少し天然で早とちりな警察官・酒井タツキに扮する。

玉城が演じるのはドラマオリジナルキャラクターの大前ゆかり。純喫茶でアルバイトをしている女子大生で、物怖じしない性格をしており、龍のような強面の客にもごく普通に接する。龍が写真を投稿しているInstagramアカウントのファンだが、彼が運営しているとは知らない設定だ。

玉城は「自分の信念に基づいて生きている女の子」とゆかりについて説明する。そして「錚々たるキャストの方々の中で私もひとつのスパイスとなれるよう頑張りますので、楽しんでもらえればと思います」と視聴者に向けてコメントした。

「極主夫道」は10月11日に日本テレビ系で放送スタート。毎週日曜22時30分からオンエアされる。

日曜ドラマ「極主夫道」

日本テレビ系 2020年10月11日(日)スタート 毎週日曜 22:30~23:25

玉城ティナ コメント

出演が決まったときの気持ち

以前から原作の名前は知っていたのですが、お話が来た後に原作を初めて読みました。すごく元気が出ましたし、とても面白い作品だと感じました。
ゆかりは原作には出ていないのですが、ドラマをさらに面白くするスパイスとなれるよう、
ゆかりという役に演じられればいいなと思います。お話を聞いた時は、純粋に嬉しかったです。

自身が演じる大前ゆかりについて

ゆかりは、周りからは言動がストレートすぎる様に見えてしまうかもしれないのですが、自分の道を真っすぐ進んでいるだけなんです。人の顔色を伺うというより、自分の信念に基づいて生きている女の子かなと思います。

視聴者へのメッセージ

新日曜ドラマ「極主夫道」、錚々たるキャストの方々の中で私もひとつのスパイスとなれるよう頑張りますので、楽しんでもらえればと思います。
これからまだまだ撮影は続きますが、私も一視聴者として早く見たい気持ちでうずうずしています。早くみなさんに届けたいです。頑張ります。

この記事の画像(全8件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

玉城ティナのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 玉城ティナ / 玉木宏 / おおのこうすけ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。