古川登志夫が「今年も限界突破!」と宣言、シッチェス映画祭特集の予告解禁

99

特集上映「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2020」の予告編がYouTubeで解禁された。

「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2020」ポスタービジュアル

「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2020」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全21件)

古川登志夫

古川登志夫[拡大]

今年で7回目を迎える同特集は、スペインで毎年10月に行われているシッチェス・カタロニア国際映画祭の上映作品から厳選したものをスクリーンにかける企画。これまで中尾隆聖や千葉繁、大塚芳忠が予告編のナレーターを担当してきたが、今回は「うる星やつら」の諸星あたる役や「機動戦士ガンダム」のカイ・シデン役で知られる古川登志夫が担った。

予告編の冒頭で古川は「鮮烈な記憶しか残さない、情け無用の映画祭。世界が驚愕したジャンルムービー、今年も限界突破!」と宣言。続いて、殺戮大好き一家の旅を描いたロブ・ゾンビ監督作「スリー・フロム・ヘル」、オカルトホラーと宗教や歴史が絡み合う「ザ・ヴィジル~夜伽~」、青年と刑事と娘の殺意が激突するハイテンションコメディスリラー「とっととくたばれ」、3人のサイコパスと人喰い犬から襲撃を受ける夫婦の物語「ココディ・ココダ」、凶暴化した介護犬と四肢まひの少女が戦う「VS 狂犬」、ディストピアと化したトルコを舞台とする社会派スリラー「恐怖ノ黒電波」の映像が映し出されていく。

「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2020」は10月30日から11月12日に東京・ヒューマントラストシネマ渋谷と大阪のシネ・リーブル梅田で開催。愛知・シネマスコーレでも今秋に開催される。

シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2020

2020年10月30日(金)~11月12日(木)東京都 ヒューマントラストシネマ渋谷
2020年秋 愛知県 シネマスコーレ
2020年10月30日(金)~11月12日(木)大阪府 シネ・リーブル梅田
料金:一般 1600円 / 大学・専門学生、シニア 1200円 / 高校生以下 1000円
<上品作品>
「スリー・フロム・ヘル」
「ザ・ヴィジル~夜伽~」
「とっととくたばれ」
「ココディ・ココダ」
「VS 狂犬」
「恐怖ノ黒電波」

この記事の画像・動画(全21件)

関連記事

古川登志夫のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 スリー・フロム・ヘル / ザ・ヴィジル~夜伽~ / とっととくたばれ / ココディ・ココダ / VS 狂犬 / 恐怖ノ黒電波 / 古川登志夫 / ロブ・ゾンビ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。