永瀬廉の変化に「弱虫ペダル」監督・三木康一郎が驚き、「人ってこんなに筋肉が…」

3259

実写映画「弱虫ペダル」のティーチインイベントが本日8月22日に東京・丸の内ピカデリーで開催され、監督の三木康一郎、プロデューサーの寺西史が登壇した。

左から寺西史、三木康一郎。

左から寺西史、三木康一郎。

大きなサイズで見る(全15件)

本作は、永瀬廉King & Prince)演じる運動が苦手でアニメ好きな主人公・小野田坂道が、総北高校の自転車競技部に入部して仲間のために限界や壁を越え、レースに勝利しようと努力を重ねる姿を描く青春ドラマ。永瀬のほか伊藤健太郎、橋本環奈、坂東龍汰、柳俊太郎、菅原健、竜星涼らがキャストに名を連ねた。

「弱虫ペダル」ツイートOK上映の様子。

「弱虫ペダル」ツイートOK上映の様子。[拡大]

ティーチインの前には、観客がTwitterに感想を投稿しながら映画を楽しめる“ツイートOK上映”が行われ、イベント用のハッシュタグ「#弱ペダを応援し隊」はトレンド入りを果たした。

本作の企画が動き始めたのは3年ほど前だが、坂道役にぴったりの俳優が見付からないまま月日が経っていったという。寺西は「テレビを観ていたときに『おっ、もしかしたらこの人が?』と思いオファーしました」と永瀬との出会いを振り返り、「(すべての登場人物を)この方にお願いしたいと思った俳優さんにやってもらえてうれしい」とキャスティングの成功を改めて喜ぶ。今泉役に伊藤を起用することは、当時ドラマ「東京ラブストーリー」でタッグを組んでいた三木の提案だったそうで、彼は「撮影現場で『やる?』と聞いたら、あいつは『やるやる! 今日もがんばる!』と言って元気に走っていきました」と懐かしそうに話した。

「弱虫ペダル」

「弱虫ペダル」[拡大]

自転車での走行場面はCGや合成が使われておらず、練習を重ねたキャストたちが実際に走っている。寺西は「クランクイン前の自転車練習は2カ月くらい。みんな撮影しながら上手になっていきました」と俳優陣をねぎらい、主要キャストの印象については「一番変わったのは坂東さん。シュッとしたかっこいい感じできたのに、ふたを開けたらいい意味で“愛されバカ”でした(笑)」と愛情たっぷりに言及する。三木は永瀬の体つきの変化に触れて「県大会のシーンでは、人ってこんなに筋肉が付くんだ!と思うくらい上半身がパツっとしていた」と驚きの声を上げた。

三木康一郎

三木康一郎[拡大]

イベントでは、キャストから寄せられた質問に三木が回答するコーナーも用意された。伊藤からの「なぜいつもサングラスをかけているの?」との問いに、三木は「つぶらな瞳を見られるのが嫌だから」と照れ笑い。坂東からの「一番大変だったシーンは?」という質問には、並んで走る総北チームをドローンで撮影した場面を挙げて「吹替ではなく本人たちがやっているので難しくて。何回も撮り直していたら日が暮れてきて、どうしようかと思った」と苦労を明かした。

最後に三木は「皆さんのツイートを見て、彼らのがんばりを最初から最後までしっかりと観ていただけているんだなと思って感動しました」と集まった観客に感謝を伝え、イベントを締めくくった。

「弱虫ペダル」は全国の劇場で上映中。

※柳俊太郎の柳は木へんに夘が正式表記

この記事の画像(全15件)

関連記事

三木康一郎のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 (c)渡辺航(秋田書店)2008

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 弱虫ペダル / 三木康一郎 / 永瀬廉 / King & Prince / 伊藤健太郎 / 坂東龍汰 / 渡辺航 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。