白石聖の体に新聞の文字が…ドラマ「恐怖新聞」ポスター、黒木瞳や佐藤大樹の新写真も

95

白石聖の連続ドラマ初主演作「恐怖新聞」のポスタービジュアルが到着した。

「恐怖新聞」ポスタービジュアル

「恐怖新聞」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全14件)

「恐怖新聞」新場面写真

「恐怖新聞」新場面写真[拡大]

つのだじろうのマンガを、中田秀夫らの演出によりドラマ化した本作。京都で一人暮らしを始めた女子大生・小野田詩弦のもとに、あらゆる災厄を予言する“恐怖新聞”が届くようになり、物語が展開していく。詩弦役を白石が務め、詩弦の母・歌子役で黒木瞳、詩弦の恋人・松田勇介役で佐藤大樹(EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE)が出演。シリーズ構成を小説家の乙一、脚本をドラマ「TWO WEEKS」の高山直也が手がけた。

「恐怖新聞」ポスター撮影時のメイキング写真。

「恐怖新聞」ポスター撮影時のメイキング写真。[拡大]

このたび到着したポスタービジュアルには、詩弦、歌子、勇介の姿が収められた。特に詩弦の顔や体には、新聞の文字がまとわりついている。このポスター撮影でロングヘアのウィッグを使用した白石は、現場でモニターを見て「髪の毛が長いと自分じゃないみたい」とコメントした。

「恐怖新聞」メイキング写真

「恐怖新聞」メイキング写真[拡大]

「恐怖新聞」新場面写真

「恐怖新聞」新場面写真[拡大]

「恐怖新聞」新場面写真

「恐怖新聞」新場面写真[拡大]

さらに今回、本作のメイキング写真と新カットも公開された。中田組常連の黒木は撮影時、歌子の潜在的な意識を象徴する意味深なクセを、幼少期の経験をもとに自ら提案したという。また佐藤は役作りで茶色く染めた髪について「台本に“茶髪でピアス”とあったので自分なりにイメージした髪色にして写真で伝え、その上で(スタッフに)実際お会いしたら、今のままでいいよ!とすんなり受け入れてもらえました。基本的にはいつも明るめの髪色だけど、ここ最近は映画の関係上、真っ黒にしていたので久々に明るくして気分が晴れていますね」と明かした。

「恐怖新聞」は8月29日に東海テレビ・フジテレビ系全国ネット「オトナの土ドラ」枠でスタート。

オトナの土ドラ「恐怖新聞」

東海テレビ・フジテレビ系 2020年8月29日(土)スタート 毎週土曜 23:40~24:35
※全7話(予定)

この記事の画像(全14件)

関連記事

白石聖のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 白石聖 / 黒木瞳 / 佐藤大樹 / つのだじろう / 中田秀夫 / 乙一 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。