「21世紀の女の子」てん子が映画24区に所属、小松菜奈の幼少期役で「さくら」出演

486

オムニバス映画「21世紀の女の子」に出演した女優・てん子が、映画24区と正式に所属契約を締結した。

てん子(写真提供:映画24区)

てん子(写真提供:映画24区)

大きなサイズで見る(全5件)

「21世紀の女の子」の「回転てん子とどりーむ母ちゃん」ビジュアル。(写真提供:21世紀の女の子製作委員会)

「21世紀の女の子」の「回転てん子とどりーむ母ちゃん」ビジュアル。(写真提供:21世紀の女の子製作委員会)[拡大]

「21世紀の女の子」にて山中瑶子が監督を務めた1編「回転てん子とどりーむ母ちゃん」で映画デビューを果たしたてん子。11月13日に公開される「さくら」では、小松菜奈扮する長谷川美貴の幼少期を演じた。

「さくら」より、てん子演じる長谷川美貴。(c)西加奈子/小学館 (c)2020「さくら」製作委員会

「さくら」より、てん子演じる長谷川美貴。(c)西加奈子/小学館 (c)2020「さくら」製作委員会[拡大]

「さくら」の監督・矢崎仁司はてん子を「すでに大女優の風格が具わっている。僕の大好きな山田五十鈴や高峰秀子の強さがある。いろんな映画に出会い、成長していくのが楽しみなのと同時に、嫉妬しながら見守っていきたい少女です」と絶賛している。

矢崎仁司 コメント

てん子ちゃんは、眼がいい。あの眼差しにやられてしまった。てん子ちゃんには、すでに大女優の風格が具わっている。僕の大好きな山田五十鈴や高峰秀子の強さがある。いろんな映画に出会い、成長していくのが楽しみなのと同時に、嫉妬しながら見守っていきたい少女です。

この記事の画像(全5件)

関連記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 さくら / てん子 / 矢崎仁司 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。