伊藤沙莉がデリヘル嬢の世話係に、主演作「タイトル、拒絶」予告解禁

1078

伊藤沙莉が主演を務めた「タイトル、拒絶」が、11月13日より東京・新宿シネマカリテほか全国で順次公開。予告編がYouTubeで解禁された。

「タイトル、拒絶」ポスタービジュアル

「タイトル、拒絶」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全8件)

山田佳奈

山田佳奈[拡大]

本作はデリヘル事務所を舞台に、それぞれの事情を抱えながらも力強く生きようとするセックスワーカーたちを描いた群像劇。劇団□字ック主宰・山田佳奈が2013年に初演した同名舞台を、自らメガホンを取り映画化した。長編監督デビュー作にして、2019年の第32回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で上映されている。

「タイトル、拒絶」

「タイトル、拒絶」[拡大]

伊藤は体験入店したものの客の前で逃げ出し、現在は店の世話係として働くカノウを演じた。また癖の強いデリヘル嬢の役で恒松祐里佐津川愛美森田想円井わん行平あい佳野崎智子、大川原歩、片岡礼子が出演。そのほかモトーラ世理奈池田大田中俊介般若でんでんもキャストに名を連ねた。女王蜂が劇中歌「燃える海」を担当している。

「タイトル、拒絶」

「タイトル、拒絶」[拡大]

予告では町中にブラジャー姿で佇むカノウが「私の人生なんてクソみたいなもんだと思うんですよね」「不特定多数のベーシックスタイル」とカメラ目線で語る。デリヘル嬢として過ごす女性たちの日常や、恒松演じる店で一番人気のマヒルがビルの屋上で叫び声を上げる様子も。最後はカノウの「私の人生にタイトルなんて必要なんでしょうか」というセリフで締めくくられた。伊藤と山田によるコメントは下記の通り。

※「タイトル、拒絶」はR15+指定作品

伊藤沙莉 コメント

昨年、第32回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門での正式出品以来、ようやく再び作品を沢山の方々に観ていただける機会が巡ってきました。必死に、もがきながら、なんとか生きているという点では、今こういう時代だからこそ、より多くの方々に観ていただきたいなと思います。

山田佳奈 コメント

とても思い入れのある作品が遂に公開という運びとなりました。去年の冬に撮影をしたのが嘘のように状況も大きく変化し、映画の可能性を自分自身考える日々が続きましたが、私に出来ることは人の生活における不安や遣る瀬無さに、そっと手を添えることではないかと思っています。出演者、スタッフ、すべての人が全力でクリエイティブに関わって下さった作品が公開になること、本当に誇らしく思います。セックスワーカーの彼女たちを通して、観て下さった方々が力強く踏み出せますように。そう願っております。

この記事の画像・動画(全8件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

伊藤沙莉のほかの記事

リンク

(c)DirectorsBox

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 伊藤沙莉 / 山田佳奈 / □字ック / 恒松祐里 / 佐津川愛美 / 森田想 / 円井わん / 行平あい佳 / 野崎智子 / 片岡礼子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。