亀梨和也主演「事故物件」を原作者の松原タニシが絶賛、沖縄での恐怖エピソードも

437

亀梨和也(KAT-TUN)主演作「事故物件 恐い間取り」の原作者・松原タニシのインタビュー映像がYouTubeで公開された。

松原タニシインタビュー映像より。

松原タニシインタビュー映像より。

大きなサイズで見る(全2件)

“事故物件住みます芸人”である松原のノンフィクション書籍をもとにした本作では、「テレビに出してやるから事故物件に住んでみろ」と無茶ぶりされた売れない芸人・山野ヤマメが遭遇する恐怖体験が描かれる。亀梨がヤマメを演じたほか、奈緒、瀬戸康史らがキャストに名を連ねた。

2012年から10軒もの事故物件を渡り歩いてきた松原は、このインタビュー動画にて、沖縄のとあるマンションで体験した恐怖を語る。さらに映画の感想を「自分の原作が映画になっていることはまったく忘れるくらいいろんな展開があって、いろんな感情が湧き上がる」「恐怖あり、恋愛あり、オモシロあり、アクションあり。息をつく暇さえない、あっという間の約2時間」と語った。

中田秀夫が監督した「事故物件 恐い間取り」は、8月28日より全国ロードショー。

この記事の画像・動画(全2件)

関連記事

松原タニシのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 事故物件 恐い間取り / 松原タニシ / 亀梨和也 / 中田秀夫 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。