ビヨンセ監督の映像作品「ブラック・イズ・キング」配信、ルピタ・ニョンゴも出演

45

ビヨンセが監督・脚本・製作総指揮を担当した「ブラック・イズ・キング」が7月31日よりDisney+で世界同時配信される。このたび最新映像とポスタービジュアルが到着した。

「ブラック・イズ・キング」キービジュアル (c)2020 PARKWOOD ENTERTAINMENT

「ブラック・イズ・キング」キービジュアル (c)2020 PARKWOOD ENTERTAINMENT

大きなサイズで見る(全3件)

本作は、ビヨンセが2019年にリリースしたアルバム「ライオン・キング:ザ・ギフト」の音楽をベースに、アルバムに関わったアーティストとゲストが参加し、黒人の歴史や体験を“ビジュアル・アルバム”として届ける作品。ニューヨーク、ロサンゼルス、南アフリカ、西アフリカ、ロンドン、そしてベルギーなどの風景が収められ、俳優やダンサーたちが本作の絵やパフォーマンスに花を添えている。

約1年の歳月をかけて製作され、エマニュエル・アジェイ、ブリッツ・バザウレ、ピエール・ディバッシャー、ジェン・ナルー、イブラ・エイクといった監督陣が参加。YouTubeで公開された映像には、モデルのナオミ・キャンベル、ビヨンセの母親のティナ・ノウルズ・ローソン、女優のルピタ・ニョンゴ、歌手のケリー・ローランドファレル・ウィリアムス、ラッパーのジェイ・Zなどが登場する。

また、本作にはビヨンセの楽曲「Already」「Brown Skin Girl」「Mood 4 Eva」「My Power」を収録。歌唱シーンでは英語音声のみとなり、セリフ部分では日本語字幕が付く。

「ブラック・イズ・キング」は日本時間7月31日16時より配信予定。

この記事の画像・動画(全3件)

関連記事

ナオミ・キャンベルのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020 Disney and its related entities