トニー賞11冠のミュージカル「ハミルトン」がDisney+で配信決定

243

ブロードウェイミュージカル「ハミルトン」が、7月3日16時よりDisney+で配信される。

「ハミルトン」ビジュアル (c)2020 Lin-Manuel Miranda and Nevis Productions, LLC.

「ハミルトン」ビジュアル (c)2020 Lin-Manuel Miranda and Nevis Productions, LLC.

大きなサイズで見る(全4件)

「ハミルトン」は、アメリカ建国の父の1人であり10ドル札の肖像になっているアレクサンダー・ハミルトンの生涯を、ヒップホップやジャズ、R&Bとともにつづる作品。第70回トニー賞ではミュージカル作品賞を含む最多11部門で受賞を果たし、2016年のピューリッツァー賞戯曲部門でも賞を獲得した。今回は2016年6月、ブロードウェイのリチャード・ロジャース・シアターで上演された舞台を撮影したものが配信される。

製作・脚本・音楽・作詞・主演を担当したリン=マニュエル・ミランダは、配信に際し「世界中が混乱に陥っている今年、米国独立記念日の週末に本作のリリースを早めてくれたディズニーとDisney+に心より感謝します。この作品を楽しみにしてくださっているファンの皆様のご要望にお応えし、今回の配信開始を実現できたことを本当にうれしく思っています。この作品は私たちの誇りです。そして、早く皆様に観ていただきたいです」とコメントした。

なお、世界同時配信となるため配信開始のタイミングでは英語音声のみとなる。日本語字幕版の配信については、追って公式サイトで告知される予定だ。

Disney+は月額700円(税別)で利用可能。初回の加入月は無料となる。

この記事の画像(全4件)

関連記事

リン=マニュエル・ミランダのほかの記事

リンク

(c)2020 Disney