アニエス・ヴァルダ傑作選のトークイベントに小泉今日子、斎藤工らオンライン登壇

660

東京・岩波ホールで7月18日より開催される特集上映「アニエス・ヴァルダ傑作セレクション」にて、オンライントークイベントが行われる。

左から小泉今日子、渡辺真起子。

左から小泉今日子、渡辺真起子。

大きなサイズで見る(全10件)

アニエス・ヴァルダの監督作「落穂拾い」「アニエスによるヴァルダ」「ダゲール街の人々」「ジャック・ドゥミの少年期」を上映する本特集上映。“わたしとヴァルダと映画館 vol.1 & vol2”と題されたトークイベントは、小規模独立系映画配給会社が集まって4月に立ち上げた“Help! The 映画配給会社プロジェクト”と、俳優たちが集合と解散を繰り返しながらアイデアを出し合い映画館を応援するキャンペーン“Mini Theater Park”のコラボレーションにより実現した。

7月23日には小泉今日子渡辺真起子、8月2日には井浦新斎藤工がオンライン登壇。各日、前半は俳優たちが「落穂拾い」を中心にヴァルダへの思いを語り、後半は岩波ホール支配人の岩波律子とともに同劇場やミニシアターについてトークを繰り広げる予定だ。オンラインのみの参加も可能で、チケットは1000円となる。詳細は配給会社ザジフィルムズの公式noteで確認を。

アニエス・ヴァルダ傑作セレクション

2020年7月18日(土)~8月7日(金)東京都 岩波ホール
料金:一般、学生、シニア 1500円 / 小・中・高校生 1200円 / エキプ会員、障害者 1400円
<上映作品>
「落穂拾い」
「アニエスによるヴァルダ」
「ダゲール街の人々」
「ジャック・ドゥミの少年期」

この記事の画像・動画(全10件)

関連記事

アニエス・ヴァルダのほかの記事

リンク

関連商品