日本のアニメを海外へ発信する特設サイトで「ある日本の絵描き少年」などWeb上映

99

映像産業振興機構(VIPO)が日本のアニメーションを海外へプロモーションする特設サイトを開設。ショートフィルムのオンライン上映、アニメーションスタジオ特集などの企画が展開される。

「ある日本の絵描き少年」ビジュアル (c)Nekonigashi Inc.

「ある日本の絵描き少年」ビジュアル (c)Nekonigashi Inc.

大きなサイズで見る(全6件)

「ANIMATIONISM -All Creativity Welcomed-」ロゴ

「ANIMATIONISM -All Creativity Welcomed-」ロゴ[拡大]

このサイトは、文化庁・令和2年度メディア芸術海外展開事業の一環として、現在オンラインで開催中のアヌシー国際アニメーション映画祭2020に合わせて開設されたもの。東京藝術大学副学長・岡本美津子を企画ディレクターに迎え、「ANIMATIONISM -All Creativity Welcomed-」をテーマに掲げた。なお、この特設サイトは英語のみの記載となる。

「ゆめみのえ」(c)Yamamura Animation

「ゆめみのえ」(c)Yamamura Animation[拡大]

「ノーマン・ザ・スノーマン~北の国のオーロラ~」(c) TAIYO KIKAKU Co., Ltd. / EXPJ Ltd.

「ノーマン・ザ・スノーマン~北の国のオーロラ~」(c) TAIYO KIKAKU Co., Ltd. / EXPJ Ltd.[拡大]

ショートフィルムのオンライン上映は、川尻将由の監督作「ある日本の絵描き少年」や山村浩二による「ゆめみのえ」などを取り上げるプログラム1と、若手アニメーター育成事業「あにめたまご」で制作された3作品をピックアップしたプログラム2の2部門で実施。プログラム1は6月20日と21日、プログラム2は6月27日と28日に上映される。

スタジオ特集では、「きみと、波にのれたら」やテレビアニメ「映像研には手を出すな!」などで知られるサイエンスSARU、「海獣の子供」のSTUDIO4℃を特集するほか、太陽企画のクラフトチームで八代健志が率いるTECARAT、「プロメア」の制作を手がけたTRIGGERにもスポットを当てた。また、「ムタフカズ」の監督を務めた西見祥示郎、「プロメア」のアニメーションプロデューサー・舛本和也のインタビューや、海外に薦めたい日本のアニメクリエイターの紹介も掲載される。

文化庁「メディア芸術海外展開事業」アニメーション特設サイト・オンライン上映

プログラム1「ANIMATIONISM -All Creativity Welcomed-」

2020年6月20日(土)21:00~、21日(日)7:00~ / 16:00~
<上映作品>
「サイシュ~ワ」
「ある日本の絵描き少年」
「ゆめみのえ」
「CASTLE」
「ノーマン・ザ・スノーマン~北の国のオーロラ~」
「ごん / GON, THE LITTLE FOX」(予告編)

プログラム2「あにめたまご」

2020年6月27日(土)21:00~、28日(日)7:00~、16:00~
「カラフル忍者いろまき」
「風の又三郎」
「レベッカ」

この記事の画像(全6件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

川尻将由のほかの記事

リンク