ウォールを見ると登りたくなる工藤遥、伊藤健太郎は卓球の魅力に気付く

862

のぼる小寺さん」の公開直前イベントが本日6月15日に東京・Rec's代々木で開催され、キャストの工藤遥伊藤健太郎、監督の古厩智之が出席した。

ウォールを登る工藤遥。

ウォールを登る工藤遥。

大きなサイズで見る(全8件)

本作は、ボルダリングに夢中な女子高生・小寺をきっかけに、周囲の若者たちが自分の夢に向かって一歩踏み出そうとするさまを描く青春群像劇。小寺を工藤、彼女に密かに惹かれる近藤を伊藤が演じた。

クライミングジムで行われた本イベント。スポーティな装いで登場した工藤は「これだけのクライミングウォールを見ると登りたくなりますね!」と会場を見渡して、撮影以来約1年ぶりのボルダリングに挑む。彼女はあっという間にウォールを登り、壁にぶら下がったままカメラにポーズを取ってみせた。

伊藤健太郎

伊藤健太郎[拡大]

古厩智之

古厩智之[拡大]

卓球部員役の伊藤は「やるまではちょっとなめてました」と苦笑しながらも「スマッシュが決まったときはめちゃくちゃ気持ちよくて、爽快感を感じました」と卓球の魅力に言及する。伊藤の卓球シーンを見学していたという工藤が「(カットの声が)あまりに掛からないので監督をキョロキョロと見始めたくらい、長かった!」と明かすと、古厩は「健太郎くんはめちゃくちゃ運動神経がよくて『もっと見たいな』と思った」と笑みを浮かべて弁明。伊藤と芝居をともにする機会が少なかったという工藤が「最後の最後までちゃんと顔を見てなかった(笑)」と告白する場面も見られた。

工藤遥

工藤遥[拡大]

最後に工藤は「スポーツのシーンももちろんですが高校生たちの青春がぎゅっと詰まった甘酸っぱい作品になっています。近藤と小寺さんの距離感、関係性にキュンとしつつ、楽しんでいただけたら」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

「のぼる小寺さん」は、7月3日より東京・新宿バルト9ほか全国ロードショー。

この記事の画像・動画(全8件)

関連記事

工藤遥のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020「のぼる小寺さん」製作委員会 (c)珈琲/講談社