志田未来×花江夏樹「泣きたい私は猫をかぶる」ED曲もヨルシカ、PV解禁

83

志田未来花江夏樹がダブル主演を務めたスタジオコロリドによるアニメ映画「泣きたい私は猫をかぶる」。本作のエンドソングが、ヨルシカの新曲「嘘月」に決定したことがわかった。

「泣きたい私は猫をかぶる」

「泣きたい私は猫をかぶる」

大きなサイズで見る(全28件)

クラスメイトから「ムゲ(無限大謎人間)」と呼ばれている中学2年生・笹木美代が、不思議なお面を被って猫に変身し、大好きな日之出賢人と交流するさまを描く本作。ムゲに志田、日之出に花江が声を当てた。

ヨルシカ

ヨルシカ[拡大]

「泣きたい私は猫をかぶる」

「泣きたい私は猫をかぶる」[拡大]

ヨルシカのn-bunaは「歌詞の節々に尾崎放哉の句をちりばめています」と、suisは「アニメーション映画のエンドロールでヨルシカが聴けるなんて嬉しすぎる!ととても心躍りました」とコメント。なお彼らの楽曲「花に亡霊」が主題歌、「夜行」が挿入歌として使われることがすでに発表されている。

このたび、映画の本編映像とともに「嘘月」の一部を楽しめるPVがYouTubeで解禁。日之出がムゲに思いを馳せるシーンや、ムゲと日之出が手をつなぐ姿などが収められた。

岡田麿里が脚本を手がけ、佐藤順一柴山智隆が監督を担当した「泣きたい私は猫をかぶる」は、6月18日からNetflixで全世界独占配信。

この記事の画像・動画(全28件)

ヨルシカ コメント

n-buna(ギター / コンポーザー)

ヨルシカ自体がコンセプトありきの作品を作るバンドなので、何処までこちらの世界観で作ってしまっていいのかという心配をしていましたが杞憂でした。ファーストコンタクトで監督から自由にやってくださいと言われた時は心強かったです。
次作のアルバムコンセプトの一つが春から初夏にかけての空気感、だったので、映画の世界観と外れないだろうと思い、その時書こうとしていたものをそのままアウトプットしました。三曲どれも、想い出の中の街をテーマに描いた曲です。

「花に亡霊」亡霊はつまり想い出なので、夏に咲く花に想い出の姿を見る、という意味の題です。
「夜行」ここで言う夜は人生の夜です。大人になること、忘れること、死へ向かうこと、を夜に置き換えて書いた曲です。
「嘘月」嘘つきです。歌詞の節々に尾崎放哉の句をちりばめています。

suis(ボーカル)

アニメーション映画大好きなので、アニメーション映画のエンドロールでヨルシカが聴けるなんて嬉しすぎる!ととても心躍りました。同時に「映画を観た方全員を泣かせたい」という野望が湧き、いい歌を歌おうと意気込んだ覚えがあります。

全文を表示

関連記事

志田未来のほかの記事

リンク

関連商品

(c) 2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 泣きたい私は猫をかぶる / 志田未来 / 花江夏樹 / ヨルシカ / 佐藤順一 / 柴山智隆 / 岡田麿里 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。