「約束のネバーランド」ドラマ化、監督は「スパイダーバース」のロドニー・ロスマン

379

週刊少年ジャンプで連載中のマンガ「約束のネバーランド」の海外ドラマプロジェクトが始動。Amazon Prime Videoでの配信が決定した。

「約束のネバーランド」1巻書影

「約束のネバーランド」1巻書影

大きなサイズで見る

英語版実写ドラマでメガホンを取るのは「スパイダーマン:スパイダーバース」の監督および脚本を担当したロドニー・ロスマン。脚本をメガン・マロイが手がけ、プロデューサーとしてドラマ「HEROES/ヒーローズ」シリーズのマシ・オカが参加する。制作スタジオはFox21。キャストや配信時期など詳細は続報を待とう。

白井カイウ原作、出水ぽすか作画による「約束のネバーランド」は主人公エマを中心とする孤児院で育てられた子供たちが、過酷な運命に抗いながらも希望に向かっていく物語。2016年8月に連載開始し、コミックス1巻から18巻までの累計発行部数は2100万部を超える。2019年にはテレビアニメ化された。浜辺美波、城桧吏、板垣李光人が出演する実写映画は2020年12月18日に全国公開される。

関連記事

ロドニー・ロスマンのほかの記事

リンク

関連商品

(c)白井カイウ・出水ぽすか/集英社