松竹映画100年!小津安二郎、木下惠介、山田洋次の作品を大阪で上映

545

松竹の映画製作100周年を記念した特集上映「松竹シネマクラシックス」が、大阪・大阪ステーションシティシネマで6月5日より実施される。

「晩春」 (c)1949 松竹株式会社

「晩春」 (c)1949 松竹株式会社

大きなサイズで見る(全13件)

「二十四の瞳」 (c)1954 松竹株式会社

「二十四の瞳」 (c)1954 松竹株式会社[拡大]

「幸福の黄色いハンカチ」 (c)1977 松竹株式会社

「幸福の黄色いハンカチ」 (c)1977 松竹株式会社[拡大]

1920年に松竹キネマ合名社を設立後、同年に東京・蒲田撮影所で映画製作を開始した松竹。1936年にトーキー映画量産のために神奈川・大船撮影所へ移転し、多数の作品の製作、配給、興行を続けてきた。本特集では小津安二郎木下惠介山田洋次の作品をデジタルリマスター版でお届け。小津の「晩春」「早春」「彼岸花」「秋日和」「秋刀魚の味」「麥秋」「東京暮色」「東京物語」、木下の「二十四の瞳」、山田の「幸福の黄色いハンカチ」という10作品がラインナップに並ぶ。

上映スケジュールは「松竹シネマクラシックス」公式サイトおよび劇場公式サイトで確認を。

松竹シネマクラシックス

2020年6月5日(金)~7月16日(木)大阪府 大阪ステーションシティシネマ
料金:一般・大学生・シニア 1100円 / 高校生以下 1000円
<上映作品>
「晩春」(2018年4K修復版)
「二十四の瞳」(2007年デジタルリマスター版)
「早春」(2018年4K修復版)
「彼岸花」(2013年ニューデジタルリマスター版)
「秋日和」(2013年ニューデジタルリマスター版)
「幸福の黄色いハンカチ」(2010年デジタルリマスター版)
「秋刀魚の味」(2013年ニューデジタルリマスター版)
「麥秋」(2018年4K修復版)
「東京暮色」(2018年4K修復版)
「東京物語」(2018年4K修復版)

この記事の画像(全13件)

関連記事

小津安二郎のほかの記事

リンク

関連商品