ndjc:若手映画作家育成プロジェクトが募集開始、「長いお別れ」中野量太を輩出

216

「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2020」の参加募集がスタートした。

「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2020」ロゴ

「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2020」ロゴ

大きなサイズで見る

優れた若手映画作家を発掘・育成し、日本映画の活性化を目指す本プロジェクト。これまでに「水曜日が消えた」の吉野耕平や、「長いお別れ」「浅田家!」の中野量太らを輩出してきた。プロジェクトでは、課題撮影を中心としたワークショップを20名程度で行い、製作実施研修に進む作家3名を選出。そして35mmフィルム撮影で短編映画を製作する。完成作品は各地で合評上映会が行われるほか、劇場での一般公開も予定。

応募は、募集案内に沿った団体からの推薦のみ受け付ける。推薦する作家の有無の連絡は6月15日17時まで、応募書類の提出は6月19日正午まで。なお、今年は新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言を鑑み、募集説明会は中止となった。募集の詳細は公式サイトで確認しよう。

関連記事

リンク