櫛木理宇のサスペンス小説「死刑にいたる病」映画化が決定

129

「ホーンテッド・キャンパス」シリーズなどで知られる櫛木理宇のサスペンス小説「死刑にいたる病」が映画化決定。本日4月16日に早川書房が発表した。

櫛木理宇「死刑にいたる病」書影

櫛木理宇「死刑にいたる病」書影

大きなサイズで見る

「死刑にいたる病」は、鬱屈した日々を送る大学生・筧井雅也に1通の手紙が届くことから始まる物語。連続殺人鬼・榛村大和から冤罪の証明を頼まれ事件を再調査していくうちに、雅也はなぜか大和に魅せられていく。「チェインドッグ」のタイトルで2015年に発表されたが、文庫化にあたり「死刑にいたる病」に改題された。

映画のキャストやスタッフなど詳細は今後発表される。

関連記事

リンク

関連商品