20年ぶり!石ノ森章太郎原作「ロボコン」最新作が7月に公開、MX4D上映も

1677

「ロボコン」シリーズ20年ぶりの最新作「がんばれいわ!!ロボコン」が、7月31日に全国公開されることがわかった。

「がんばれ!!ロボコン」

「がんばれ!!ロボコン」

大きなサイズで見る(全3件)

「燃えろ!!ロボコン」

「燃えろ!!ロボコン」

「仮面ライダー」「サイボーグ009」などで知られる石ノ森章太郎が原作を手がけた特撮ドラマ「がんばれ!!ロボコン」は、1974年に放送が開始されると子供たちの注目を集め、最高視聴率29.2%を記録。また1999年には「燃えろ!!ロボコン」が放送され、親子2代で楽しめるシリーズとなった。

「がんばれいわ!!ロボコン」ロゴ

「がんばれいわ!!ロボコン」ロゴ

最新作となる本作のタイトルは“がんばれ”と“令和”をかけたもの。「ヒデ・I」 名義で「燃えろ!!ロボコン」の監督を務め、「平成仮面ライダー」シリーズでも数多くの作品を手がけてきた石田秀範がメガホンを取り、アニメ「忍たま乱太郎」や「映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」の浦沢義雄が脚本を担当した。2人がタッグを組むのは「燃えろ!!ロボコン」以来、20年ぶりとなる。

本作のプロデューサーである白倉伸一郎は「お仕事ロボットの世界を描く『仮面ライダーゼロワン』は、ロボコン復活への布石にすぎなかった! 時代はまさに 1・0(レイ)・0(ワ)。ロボ根性で100点満点めざします。がんばれいわ!! ロボコン! ウララ~」とコメントした。

なお「がんばれいわ!!ロボコン」はMX4Dで上映されることも決定している。

この記事の画像(全3件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

石ノ森章太郎のほかの記事

リンク

関連商品

(c)石森プロ・東映