「100日後に死ぬワニ」がアニメ映画化

2081

きくちゆうきによる4コママンガ「100日後に死ぬワニ」のアニメ映画化が決定した。

「100日後に死ぬワニ」(帯付き)

「100日後に死ぬワニ」(帯付き)

大きなサイズで見る(全3件)

これは本日3月20日に公開された完結記念公式サイトで発表されたもの。きくちが2019年12月12日からTwitterとInstagramで発表してきた「100日後に死ぬワニ」では、100日後に死んでしまうワニの何気ない日常が「死まであと〇日」というカウントダウンとともに切り取られ、本日100日目となる第100話が投稿された。

きくちゆうきコメント

きくちゆうきコメント

あわせて4月8日に単行本が発売されることも明らかに。これまでにきくちが投稿してきた「あるワニの100日間の人生」に加え、後日譚など28ページの描き下ろしも収められる。さらに完結に際して、きくちの直筆コメントが公開されたほか、いきものがかりの水野良樹、はじめしゃちょー、田村淳上田慎一郎のコメントも到着した。

水野良樹(いきものがかり、HIROBA)コメント

ラストシーンを前にしたとき、気がつくのだと思います。
この物語は「死ぬ」ことではなく「生きる」ことを描いていて、「誰か」のことではなく、ページをめくった「あなた」のことを描いているのだと。
100日後の“はじまり”に、きっと出会うことができます。

はじめしゃちょーコメント

最初は何気ない気持ちでワニくんを見ていたのですが、死ぬ日が近づくにつれて、彼を見ていると、毎日を噛み締めて生きなきゃいけないと思うようになってきました。
生き物の生と死がここに。

田村淳コメント

“死まであと◯日”
これだけで全然違って見えてくる!
自分はあと何日なのか…
何でもない日常に何かを起こしたくなった!

上田慎一郎コメント

「死まであと○日」。文章ひとつで物語の見え方がガラリと変わる。なんという発明でしょう。
読者は自分や周りの人の「死」について意識し、それによって「今」の行動を変えていく。なんと素晴らしい発明でしょう。

この記事の画像(全3件)

リンク

関連記事

関連商品