「ミニオンズ」最新作、1970年代風のボブ捉えたビジュアル&場面カット公開

831

「ミニオンズ」シリーズの最新作「ミニオンズ フィーバー」より、日本オリジナルティザービジュアルと場面カットが到着した。

「ミニオンズ フィーバー」日本オリジナルティザービジュアル

「ミニオンズ フィーバー」日本オリジナルティザービジュアル

大きなサイズで見る(全7件)

「ミニオンズ フィーバー」新場面カット

「ミニオンズ フィーバー」新場面カット[拡大]

「SING/シング」「ペット」などで知られるイルミネーション・エンターテインメントが贈る本作。1970年代を舞台に、最強最悪のボスに仕えることが生きがいのミニオンたちが、なぜ悪党になることを夢見る少年グルーをボスに選んだのかが描かれる。スティーヴ・カレルらが声のキャストとして出演し、カイル・バルダが監督を務めた。

「ミニオンズ フィーバー」新場面カット

「ミニオンズ フィーバー」新場面カット[拡大]

このたび公開されたビジュアルには、1970年代風の髪型とファッションで決めたボブの姿が。場面写真ではケビン、スチュアート、ボブの3人がウルウルとした目で見つめる様子や、本作の鍵を握る新ミニオンのオットーが面食らった表情を見せるさまなどを確認できる。

「ミニオンズ フィーバー」は7月17日に全国で公開。

※「ミニオンズ フィーバー」は、新型コロナウイルスによる感染症の拡大を受けて公開延期となりました。最新の情報は公式サイトをご確認ください

この記事の画像・動画(全7件)

関連記事

スティーヴ・カレルのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED