坂口芳貞が80歳で死去、「スター・ウォーズ」ダース・ベイダーの声など担当

6862

坂口芳貞が大腸がんのため2月13日に80歳で死去していたことが、文学座の発表で本日明らかになった。

坂口芳貞

坂口芳貞

大きなサイズで見る

文学座附属演劇研究所所長を務めていた坂口は1939年10月2日生まれ、東京都出身。1963年に文学座附属演劇研究所に入所し、1967年に文学座座員となった。「戦争と人間・第1部・運命の序曲」「戦争と人間・第2部・愛と悲しみの山河」「龍三と七人の子分たち」「兄消える」などに出演したほか、「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」ではダース・ベイダーの吹替を担当。またモーガン・フリーマン、トミー・リー・ジョーンズ、ショーン・コネリーらの吹き替えも担当した。

なお葬儀は2月18日11時30分から13時にかけて、東京・文学座アトリエにて無宗教の形式で執り行われる。

坂口芳貞のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 戦争と人間・第1部・運命の序曲 / 戦争と人間・第2部・愛と悲しみの山河 / 龍三と七人の子分たち / 兄消える / スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 / 坂口芳貞 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。