ゾンビから回復した元感染者の苦悩と差別描くSFスリラー「CURED」公開決定

1595

近未来SFスリラー「CURED キュアード」が、3月20日より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開されることがわかった。

「CURED キュアード」ポスタービジュアル

「CURED キュアード」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全3件)

「CURED キュアード」

「CURED キュアード」[拡大]

ゾンビウイルスのパンデミックが収束したあとの世界を舞台に、画期的な治療法によって回復した元感染者たちの姿を描いた本作。“回復者”として社会復帰することになった彼らは、ゾンビだった頃の忌まわしい記憶を保ち、耐えがたいPTSDに苛まれていた。そして彼らを恐れる市民の抗議デモは激しさを増し、回復者たちは理不尽な差別に不満を募らせていく。

「CURED キュアード」

「CURED キュアード」[拡大]

「JUNO/ジュノ」「ローラーガールズ・ダイアリー」のエレン・ペイジが、ゾンビに夫を殺され幼い息子を1人で養うアビーを演じた。また「ハイドリヒを撃て!『ナチの野獣』暗殺作戦」のサム・キーリーが、義姉アビーのもとに身を寄せる回復者の若者セナンに扮している。

監督はアイルランドの新鋭デヴィッド・フレイン。人種差別、宗教対立、移民問題など、現代社会の状況を反映したオリジナル脚本を自ら手がけ、長編デビューを飾った。

この記事の画像(全3件)

関連記事

エレン・ペイジのほかの記事

リンク

(c)Tilted Pictures Limited 2017