インドの詩人が残した“タゴール・ソングス”のドキュメンタリー、4月公開

717

ドキュメンタリー「タゴール・ソングス」の公開が決定した。

「タゴール・ソングス」ポスタービジュアル

「タゴール・ソングス」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全13件)

本作は、イギリス植民地時代のインドを生き、非西欧圏で初めてノーベル文学賞を受賞した詩人ラビンドラナート・タゴールに焦点を当てたもの。彼の生み出した“タゴール・ソングス”と呼ばれる歌が、100年以上の時を超えて今なおベンガルの人々に愛される理由を追求していく。監督を務めたのは、東京外国語大学でベンガル語を専攻していた佐々木美佳。佐々木にとって、本作は初めて手がけたドキュメンタリー映画にあたる。

「タゴール・ソングス」は、東京・ポレポレ東中野で4月下旬よりロードショー。以降、全国でも順次公開される。

※「タゴール・ソングス」は、新型コロナウイルスによる感染症の拡大を受けて公開延期となりました。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

この記事の画像(全13件)

関連記事

リンク

関連商品

(c)nondelaico