新田真剣佑×北村匠海「サヨまで」の発想はカセットから?監督がWeb番組で語る

567

サヨナラまでの30分」で監督を務めた萩原健太郎がWeb番組「活弁シネマ倶楽部」に登場。その模様がYouTubeで公開されている。

萩原健太郎

萩原健太郎

大きなサイズで見る(全5件)

「サヨナラまでの30分」ポスタービジュアル

「サヨナラまでの30分」ポスタービジュアル[拡大]

新田真剣佑北村匠海DISH//)がダブル主演を務めた本作は、1年前に死んだミュージシャンのアキと人付き合いが苦手な大学生・颯太を中心にした物語。あるカセットテープが再生される30分間だけ颯太の体を借りられるアキが、自身のバンドであるECHOLLの再結成に奔走するさまが描かれる。新田がアキ、北村が颯太を演じた。

萩原健太郎

萩原健太郎[拡大]

番組では、萩原が「カセットテープは上書きしてもデータが残っている」というフレーズが発想の起点となったことを明かし、現代であえてアナログなカセットテープを使ったアイデアから物語を膨らませた経緯を語る。このほか、プライベートでも仲の良い新田と北村をキャスティングした意図や、颯太以外には見えないアキを撮影するための工夫などが明かされる。

「サヨナラまでの30分」は全国で公開中。

この記事の画像・動画(全5件)

関連記事

新田真剣佑のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020『サヨナラまでの30分』製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 サヨナラまでの30分 / 新田真剣佑 / 北村匠海 / DISH// / 萩原健太郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。