映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

志村けんと菅田将暉が2人1役、山田洋次が原田マハ「キネマの神様」映画化

1395

上段左から志村けん、菅田将暉。下段左から永野芽郁、宮本信子。

上段左から志村けん、菅田将暉。下段左から永野芽郁、宮本信子。

原田マハが手がけた小説「キネマの神様」の映画化が決定。山田洋次がメガホンを取り、志村けん菅田将暉がダブル主演を務めることがわかった。

松竹映画の前身となる松竹キネマ合名社の設立から100周年を記念して製作が決定した本作は、映画を愛する男・ゴウを主人公とする物語。無類のギャンブル好きで家族に見放されたダメ親父・ゴウだが、かつては名監督やスター俳優に囲まれながら夢を追い求めて映画の撮影所で働いていた。しかし、彼と仕事仲間のテラシンがともに食堂の娘に恋をしたことから、歯車が狂い始める。劇中では、ゴウが若き日に信じた“映画の神様”が彼と家族にもたらす奇跡が描かれる。山田と朝原雄三が共同で脚本を執筆した。

志村と菅田が2人1役でゴウを演じ、永野芽郁が食堂の娘、宮本信子がゴウの妻・淑子に扮する。人生で2度目、約20年ぶりの映画出演となる志村は「山田洋次監督の作品もたくさん見ていましたので、緊張感と不安を感じつつも撮影に入るのをとても楽しみにしています」とコメント。菅田は「山田洋次監督のもと、キネマの神様が微笑んでくれるよう丁寧に紡いでいきたいと思います。脚本を読みながら、体が熱くなりました。この世界に入って良かった。そんな風に思いました」と述べた。

また永野は「監督が生みだす温かい世界に自分が存在できる喜びと、緊張感で今から撮影が待ち遠しいです」、宮本は「監督が手がける『キネマの神様』という、この上なく素晴らしいタイトルを持った作品に参加出来ることを嬉しく思っています」と思いをつづる。そして山田は「その昔、映画が娯楽の王座を占め、また日本映画が世界中の関心と尊敬を集めていた黄金時代があった」と振り返り、「華やかな青春を過ごした映画人の喜びと悲しみの人生を、映画製作百年の歴史を持つ松竹を舞台としてドラマチックに描きたい」と抱負を語った。

キネマの神様」は3月にクランクインし、5月にクランクアップを予定。12月に全国で公開される。

志村けん コメント

僕が映画に出演させていただくのは人生で2度目で、前回から約20年ぶりになります。
松竹映画100周年という節目の作品に選んでもらい光栄な事だと思っております。
ありがとうございます。山田洋次監督の作品もたくさん見ていましたので、緊張感と不安を感じつつも撮影に入るのをとても楽しみにしています。

菅田将暉 コメント

今回このような素敵な座組に呼んで頂けたこと心から感謝しています。
山田洋次監督のもと、キネマの神様が微笑んでくれるよう丁寧に紡いでいきたいと思います。脚本を読みながら、体が熱くなりました。
この世界に入って良かった。そんな風に思いました。
撮影所と映画と映画館とそこにいる人たち。
この優しい情熱がどうか届きますように。宜しくお願いします。

永野芽郁 コメント

松竹映画100周年記念作品である本作に山田組の一員として出演できる事、とても光栄に思います。
山田洋次監督が生みだす温かい世界に自分が存在できる喜びと、緊張感で今から撮影が待ち遠しいです。
菅田さんは3回目の共演ですが、今までとは違う関係性の役どころなのでどんな空気が生まれるのか、とても楽しみです。
大先輩方とご一緒して沢山のことを吸収できるように精一杯頑張りたいと思います。

宮本信子 コメント

約50年ぶりの山田組となります。
山田洋次監督が手がける「キネマの神様」という、この上なく素晴らしいタイトルを持った作品に参加出来ることを嬉しく思っています。
志村けんさんとご一緒するのは初めてなので、とても楽しみにしております。
映画を愛するお客様に届けられるよう撮影に臨んでまいります。

山田洋次 コメント

その昔、映画が娯楽の王座を占め、また日本映画が世界中の関心と尊敬を集めていた黄金時代があった。あの頃の撮影所はまさに夢の工場として活気に溢れていて、通俗娯楽映画から映画史に残る芸術作品まで続々と作られていた。
この時代に華やかな青春を過ごした映画人の喜びと悲しみの人生を、映画製作百年の歴史を持つ松竹を舞台としてドラマチックに描きたい。

(c)2020「キネマの神様」製作委員会

映画ナタリーをフォロー