映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

女性同士の純愛描いた「ロニートとエスティ」主演2人が語る、ラブシーンは“解放”

259

「ロニートとエスティ 彼女たちの選択」新場面写真

「ロニートとエスティ 彼女たちの選択」新場面写真

ロニートとエスティ 彼女たちの選択」で主演を務めたレイチェル・ワイズレイチェル・マクアダムスのコメントが到着。新たな場面写真も公開された。

厳格なユダヤコミュニティで育った女性2人が再会し、信仰と愛の間で葛藤するさまを描いた本作。父の死をきっかけに帰郷するロニートをワイズ、幼なじみの男性と結婚したエスティをマクアダムスが演じた。

抑圧を感じながら生きてきたエスティにとって、ロニートと愛し合うことは“解放”を意味する。プロデューサーも務めたワイズは「男性の俳優がこのように考えるかわからないけど、女性は『このセックスシーンは本当に必要?』と思うことが多い。でも今回は絶対に必要だった。それまでの抑制がこの瞬間につながっているから。特にエスティが感じた大きなエクスタシーは、彼女にとって精神的な解放でもあった」と説明している。

マクアダムスも「自らのキャラクターの成長にセックスシーンは欠かせなかった」と述懐。「エスティの心を開くために、彼女を解放させることが必要だった。あのシーンでは(男性との)ほかのセックシーンではまったく感じたことのなかったエネルギーを感じて、とても最高だった。仲間意識のようなものがあり、2人とも安心感と解放感を得ていた。女性である喜びが、あのシーンには詰まっている」と語った。

「ナチュラルウーマン」のセバスティアン・レリオが監督を務めた「ロニートとエスティ 彼女たちの選択」は、2月7日より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開。

(c)2018 Channel Four Television Corporation and Candlelight Productions, LLC. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー