映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

映画「キャッツ」監督と主演女優が来日、葵わかなは天皇ご一家との“猫談義”報告

98

「キャッツ」チャリティー試写会の様子。

「キャッツ」チャリティー試写会の様子。

映画「キャッツ」のチャリティー試写会が東京・有楽町朝日ホールで1月20日に行われ、天皇皇后両陛下と愛子内親王殿下が臨席された。上映終了後、お見送りを終えた監督のトム・フーパー、主演のフランチェスカ・ヘイワード、日本語吹替版キャストの葵わかなが囲み取材に出席した。

全世界で累計8100万人を動員した同名ミュージカルを映画化した本作。天皇陛下の隣に座って鑑賞したというフーパーは「とても光栄でした。上映が終わり、天皇陛下が『とにかく素晴らしかった。楽しんだ』とおっしゃってくださり、謙虚な気持ちになりました。優しい言葉だと感動しました」と述べる。また「天皇陛下はオックスフォード大学留学中にニューロンドンシアターで上演中だったミュージカル版『キャッツ』を鑑賞されたそうで。この作品を観て当時の記憶がよみがえったという話もしてくださいました」と報告した。

主人公ヴィクトリアを演じたヘイワードは「両陛下、内親王殿下を含め日本の皆様に映画を披露できてうれしく思います。今までの人生で最高に大変な体験ではありましたが、その分達成感のある仕事をしたと思っています」と感激をあらわに。ヴィクトリアの日本語吹替を担当した葵は「今日観ていただいたのは字幕版でしたが、ダンスや歌のスキルが必要で、自分自身だったら参加できたかわからないようなハイレベルな作品に声だけでも参加できたのはうれしいです」と喜びを口にする。また葵は「(両陛下と内親王殿下が)猫を飼われているとおっしゃっていて。フランチェスカさんも猫が好き。私も猫が大好きで。猫の話で楽しく盛り上がりました」と笑顔で伝えた。

「キャッツ」は1月24日より全国ロードショー。キャストにはジェームズ・コーデン、ジュディ・デンチ、ジェニファー・ハドソン、イアン・マッケラン、テイラー・スウィフト、レベル・ウィルソンらも名を連ねる。また“極上吹替版”には山崎育三郎、高橋あず美、秋山竜次(ロバート)、森崎ウィン、大竹しのぶらも参加した。

(c)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー