映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「ケイジとケンジ」1話を観た東出昌大、桐谷健太に「巻き物みたい」な長文LINE送る

560

「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」トークイベントの様子。左から桐谷健太、東出昌大。

「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」トークイベントの様子。左から桐谷健太、東出昌大。

ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」の完成披露試写会が本日1月14日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、トークイベントにキャストの桐谷健太東出昌大比嘉愛未磯村勇斗今田美桜柳葉敏郎風間杜夫、脚本を手がけた福田靖が出席した。

神奈川・横浜が舞台の本作は、元体育教師の刑事・仲井戸豪太と頭でっかちなエリート検事・真島修平がコンビを組んで、難事件に挑み大暴れするさまを描くオリジナルドラマ。豪太を演じた桐谷は「昨日完成した第1話を観させていただきました。回を増すごとにストーリーも魅力も増していくなと実感しています」と話し、「ここから愛すべきキャラクターがどうなっていくんだろうという思いです」と期待を膨らませる。続けて昨晩第1話を観たという修平役の東出が「夜中に興奮して、キャストやプロデューサーに長文のLINEを送りつけてしまいました」と明かすと、桐谷からは「巻き物みたいな長さでしたね(笑)」とツッコミが入った。

桐谷と東出の現場での様子について比嘉は「会うとにらみ合うような犬猿の仲の役ですが、撮影の合間はお二人でずっとお話をされてます。でも本番に入ると切り替えがすごいんです」と説明。すると東出が、桐谷と芝居について話し合っていたときのことを振り返って「僕らが熱っぽく話しているときに比嘉さんがこっちを見ていたので、『俺ら相当かっこよく見えてるんだろうな……』と思ってしまいました」と笑い、桐谷から「何言うてんねん!」と再度ツッコミを受けた。

続いて豪太の上司役である風間に、「もし実際に豪太が部下だったらどうですか?」という質問が。風間は「うっとうしいですよね!」と言って笑いを誘い、「でも気持ちは伝わってくるし、僕は大阪の人間が好き。大阪人の豪太は表現が熱いし、性格のバリエーションが幅広いところが好き」と語った。一方、東出の上司役を演じた柳葉は「……一生懸命だからいいですよね」と一言。桐谷と東出から「若干そっけないですね」「一文でしたね」と冗談交じりに続きを促されると、「上司としては、伸びしろがある部下として見ていますので!」とフォローして会場を和ませた。

現場の雰囲気について質問された磯村は、豪太のモノマネをするシーンの撮影を回想。「自分なりの仲井戸さんをやったけどうまくいかなかったので、桐谷さんに相談したら『腹から突き上げるような声で!』と1個1個丁寧に演出してくれて……」と裏話を明かした。また今田が「撮影の合間に刑事課のみんなで中華に行って、桐谷さんにごちそうしていただきました」と言うと、東出は「検察室の面々はテレビ朝日さんの食堂でバラバラに食べています」とこぼして笑いを誘う。

「刑事ドラマということで話をいただいたのですが、テレビ朝日さんなので『相棒』になっちゃダメよと言われた」と振り返ったのは福田。劇中キャラクターの仕上がりについて「桐谷さんが民放ドラマ初主演ということで、見た感じは若干浮かれ気味かなと……」と言って桐谷を慌てさせるも、「冗談です。僕の見たかった豪太です」と笑った。さらに「僕が知ってる現場の東出さんは思慮深い人。第1話を観て、あんなコミカルなことをやるのかとびっくりしましたね。なので、もっともっとやらせようかと」とニヤリ。そこへ、すかさず桐谷が「最終回あたりはすごいことになってるんじゃ……」とツッコんで笑いを起こしていた。

本橋圭太と及川拓郎が演出を担当する「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」は、1月16日にテレビ朝日系で放送スタート。毎週木曜21時より放送される。

木曜ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」

テレビ朝日系 2020年1月16日(木)スタート 毎週木曜 21:00~21:54

映画ナタリーをフォロー