映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

美術手帖で「アニメーションの創造力」特集、片渕須直や「失くした体」監督が登場

360

美術手帖 2020年2月号より。

美術手帖 2020年2月号より。

本日1月7日に発売された美術手帖 2020年2月号で、「アニメーションの創造力」と題した特集が組まれている。

2010年代のアニメーション史の見取り図を描くことを目的とした本特集。「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の片渕須直をはじめ、「けものフレンズ」のたつき、「失くした体」のジェレミー・クラパン、「明日の世界」のドン・ハーツフェルトへのインタビューが掲載されている。また土居伸彰、高瀬康司、石岡良治による鼎談「2010年代、日本アニメから眺める世界のアニメーションとは?」も。

そのほか久野遥子や冠木佐和子、「音楽」の岩井澤健治にもインタビューを実施。岩井俊二や現代美術家の梅沢和木も登場する。

美術手帖 2020年2月号

美術出版社 2020年1月7日(火)発売
税込価格:1760円

映画ナタリーをフォロー