SKIPシティ映画祭で優秀作品賞を受賞「サクリファイス」ポスター&予告到着

259

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019の国内コンペティション長編部門で優秀作品賞に輝いた「サクリファイス」のポスタービジュアルが到着。YouTubeで新たな予告編も公開された。

「サクリファイス」ポスタービジュアル

「サクリファイス」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全9件)

「サクリファイス」メインビジュアル

「サクリファイス」メインビジュアル[拡大]

壷井濯が監督と脚本を担当した本作は、誰にでも愛想がよく好青年に見えるものの、猫の死体の写真を収集しているという裏の顔を持つ大学生・沖田を主人公とする物語。かつて新興宗教団体・汐の会で東日本大震災を予知した翠の周辺では、神崎ソラという孤独な学生の死や、311匹殺すまで終わらないとされる猫殺しなど不穏な事件が起こる。同級生の塔子は猫殺しの犯人が同じ大学に通う沖田ではないかと疑い彼と行動をともにしていたところ、沖田がキャンパス内でソラと接触を持った唯一の人物であることを知る。沖田を「14の夜」「アイスと雨音」の青木柚が演じ、「花に嵐」「聖なるもの」の半田美樹が塔子、本作で映画デビューを果たした五味未知子が翠に扮した。そのほか三坂知絵子草野康太三浦貴大らが共演に名を連ねる。

青木柚演じる沖田。

青木柚演じる沖田。[拡大]

半田美樹演じる塔子。

半田美樹演じる塔子。[拡大]

影がかかった沖田と翠の顔をあしらったポスタービジュアルには「東日本大震災から9年、『死の物語』を疾走する」というコピーが。また予告編には、楽しげに大学生活を送る沖田が豹変し「死ね」と口にする様子や、塔子が沖田に「あなたが殺したのよ」と詰め寄る姿が捉えられた。なおすでに目標額には達成しているが、本作のクラウドファンディングがMotionGalleryで実施中。1月31日まで支援を受け付けている。

「サクリファイス」は3月6日より東京・UPLINK吉祥寺ほか全国順次公開。

この記事の画像・動画(全9件)

関連記事

リンク

(c)Recolte&Co.