映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

ネット発信映画“微電影”レーベル発足、浅川梨奈主演の短編がYouTubeで公開

124

「嬉しくなっちゃって」

「嬉しくなっちゃって」

中国語で「インターネットから発信される映画」を意味する微電影(びでんえい)のレーベル「37.1°(ナナドイチブ)」が本格始動。本日12月27日に浅川梨奈が主演を務めた短編映画「嬉しくなっちゃって」がYouTubeで公開された。

コンテンツスタジオのCHOCOLATE Inc.と映画会社のSPOTTED PRODUCTIONSが共同で立ち上げた37.1°。発案したのはKIKIFILM名義で短編映画をネット公開してきた1996年生まれの鈴木健太だ。日本初となる微電影レーベルの37.1°では、自由な発想から生まれる「新しい映画=微電影」を試作。大規模な映画では不可能な、インターネットだからできる新しい時代の映画の可能性を探っていくという。

「月極オトコトモダチ」で知られる穐山茉由が監督を務めた「嬉しくなっちゃって」は、サントリー烏龍茶のスポンサードにより制作された37.1°の第2弾作品。主人公は、お気に入りのミュージックビデオに登場するY字路を見つけるべく初めて台湾を訪れた睦だ。彼女は異国の地をさまよい歩きながら、さまざまな人々に出会い、大切な何かに気付いていく。

本作を「キャスト、スタッフと台湾を旅しながら撮影したような、思い出の作品」と語る穐山。浅川について「タイトな撮影スケジュールの中でも本当に元気で、楽しそうに役を演じてくれていたのが印象的でした」とコメントしている。浅川は「私が演じた睦ちゃんは、すごく自分に近いようで近くないようで本当に誰もが共感できるような部分も持ち合わせた人間味の強い、普通の女の子です。たまに出てくるちょっとファンタジーで不思議な世界観というものを楽しんでいただける作品だと思います」とアピールした。

なお今泉佑唯が主演、松本花奈が監督を務めた37.1°の第1弾作品「またね」もYouTubeで公開中。

穐山茉由 コメント

この作品はキャスト、スタッフと台湾を旅しながら撮影したような、思い出の作品となりました。主人公・睦役の浅川梨奈さんは、異国でのタイトな撮影スケジュールの中でも本当に元気で、楽しそうに役を演じてくれていたのが印象的でした。浅川さんの新たな魅力を感じてもらえたら嬉しいです。

浅川梨奈 コメント

今回、ハードスケジュールの中台湾で撮影を行ったのですが、とてもお洒落で味のある作品に仕上がってます。私が演じた睦ちゃんは、すごく自分に近いようで近くないようで本当に誰もが共感できるような部分も持ち合わせた人間味の強い、普通の女の子です。たまに出てくるちょっとファンタジーで不思議な世界観というものを楽しんでいただける作品だと思います。雨にも負けず頑張りましたのでぜひ楽しんで見ていただけたらと思います!

映画ナタリーをフォロー