佐藤勝利や高橋海人らが“ブラック高速”対決、田中樹は「主演を喰っちゃおう」

7040

ブラック校則」の公開記念舞台挨拶イベントが本日11月10日に東京・丸の内ピカデリーで行われ、キャストの佐藤勝利Sexy Zone)、高橋海人King & Prince)、田中樹SixTONES / ジャニーズJr.)、葵揚水沢林太郎が登壇した。

「ブラック校則」公開記念舞台挨拶で行われた、数字記憶対決の様子。左から田中樹、佐藤勝利、高橋海人。

「ブラック校則」公開記念舞台挨拶で行われた、数字記憶対決の様子。左から田中樹、佐藤勝利、高橋海人。

大きなサイズで見る(全13件)

本作は、生徒を縛り付ける“ブラック校則”と闘う高校生の姿を描く物語。イベントでは、作品名にちなんで登壇者たちがミッションに挑戦する“ブラック高速”チャレンジが実施され、佐藤と高橋チーム、劇中で不良グループの男子を演じた田中・葵・水沢チームに分かれて対決が行われた。

「え? タピオカ?」との田中樹のボケに笑う葵揚。

「え? タピオカ?」との田中樹のボケに笑う葵揚。[拡大]

佐藤は「名前が勝利なので今日は勝ちたい」とやる気を見せ、高橋も「チームの仲間に勝っている人がいるので、負けないと思います。不良に負けるわけがない」とおっとりとした口調ではあるが強気のコメント。「勝って“勝利”という名前を奪って、田中勝利を名乗りたい。勝利には佐藤樹になってもらいます」と話す田中は、坊主頭の葵が「エネルギッシュな感じでお届けしたい」と挨拶すると「タピオカがしゃべってるのかと思った」とすかさずボケを繰り出す。水沢は「最年少なのでがんばって貢献したい」と小声で意気込んだ。

ペンのふたが開かず、佐藤勝利(右)に助けてもらう高橋海人(左)。

ペンのふたが開かず、佐藤勝利(右)に助けてもらう高橋海人(左)。[拡大]

1つ目のチャレンジは、モニタに投影される10個の数字を記憶する数字記憶対決。田中は「主演を喰っちゃおう」と自信をのぞかせ、「俺ならいける!」と自らを鼓舞する。そして「けっこう難しかった」と語る佐藤の正解数を上回って勝利を手にした際には、田中は誇らしげに数字を記入したボードを掲げた。続いて高橋と葵の勝負では、高橋がペンのふたをなかなか開けられずに時間をロスする場面も。しかし結果は同点であったのを受けて、高橋は「いい勝負でしたね」とほほえんだ。

2つ目は「ぶ」「ら」「こ」「う」の4文字を使って愛の告白をするあいうえお作文対決。田中は「『ぶ』から始まる愛の言葉ってムズくない? 『ぶ』からしゃべり出すことあんまりないぜ」と嘆き、チームの仲間とともにあえて何も考えず自由に答えようと方針を決める。一方の佐藤と高橋は真剣な表情で相談をしながら作文作りを進めていき、「僕らは完璧」と笑い合った。

困惑する葵揚(右)を見守る水沢林太郎(左)。

困惑する葵揚(右)を見守る水沢林太郎(左)。[拡大]

「愛の告白なんて(事前に)決めるものじゃない。一発目からキュンとさせることを言います」と力強く宣言した田中が「ぶ……ぶらぶらと」との回答を発表し、佐藤は「本当に話し合ってないでしょ!」と大笑い。「これから点と点が線でつながる瞬間を皆さんにお見せしたい」と田中から急にバトンを渡された葵は、困り笑いを浮かべつつ「ラブリーな」となんとかひねり出し、水沢は「今月を」と答えて会場を騒然とさせる。ラストを飾った田中は「うーん……とりあえず、愛してる」と締めて「これは勝ちました」と声を弾ませた。

続いて佐藤と高橋チームの作文では、佐藤が「部活帰りに」と、高橋が「ラッキーだな、君に会えて」と青春らしさのあるフレーズを織り込んで観客を感心させる。佐藤が「今度さ」と期待をあおったあと、高橋は「海に行って水に入ろうよ」と独特なワードをチョイスして観客を驚かせた。勝敗が拍手の大きさで決まることを知った田中は「みんな今日来てくれてありがとう! 後ろのほうまでちゃんと見えてるから」とアピールし、パラパラとした拍手音には「両手がふさがってるだけだよね?」と前向きなコメント。この対決の勝者となった佐藤と高橋は「イエーイ!」と弾けんばかりの笑顔で喜びを分かち合った。

ダンス対決の様子。ステージに寝転び、メンバーに手足を振ってもらう田中樹(左から3人目)と、真面目にダンスをする高橋海人(左から4人目)、「麒麟の子」の振り付けを織り込みながら踊る佐藤勝利(左から5人目)。

ダンス対決の様子。ステージに寝転び、メンバーに手足を振ってもらう田中樹(左から3人目)と、真面目にダンスをする高橋海人(左から4人目)、「麒麟の子」の振り付けを織り込みながら踊る佐藤勝利(左から5人目)。[拡大]

3つ目は歩数計を着けた状態で、Sexy Zoneによる主題歌「麒麟の子」に乗せて体を動かすダンス対決。オリジナルの振り付けを取り入れた踊りを見せて曲終わりでは決めポーズを披露する。不良チームは横になった田中の手足を葵と水沢がつかんで振るなど、メンバーが一丸となって挑んでいた。田中は「普段のダンスの成果が出ました!」と清々しい笑顔を見せるが、カウント数は119回という少なめの結果で、高橋から「あんな姑息な手を使ってそれ?」と疑問の声を浴びせられる。そんな高橋はバトルに勝っての感想を「ダイエットにいいですね。本当に楽しかったなあ」と述べて、佐藤から「(コメントが)絵日記やん!」とツッコまれていた。

最終的な勝者は佐藤・高橋チーム。敗者となった田中は「今日から“田中敗北”でいこうかな」とまたもやボケを挟み、葵は「悔しいです!」と率直な心境を明かす。水沢は「戦犯はミチロウくん(田中が劇中で演じたキャラクター)でいいんですよね?」と淡々と尋ねて、田中から「ものすごい反省します」という言葉を引き出した。

なお、田中、葵、水沢チームは、罰ゲームとして自身が一番かっこいいと思う表情で宣伝の動画に登場することに。この動画は「ブラック校則」の公式Twitterにアップされる予定だ。

最後に佐藤は「ブラック校則、もっともっと観てほしいです。寒かったり暑かったりするので、体に気を付けてください」とファンを気遣いながら作品をアピールしてイベントを締めくくった。

「ブラック校則」は全国の劇場で上映中。現在、連続ドラマが毎週月曜に放送されているほか、Huluでオリジナルドラマの配信が行われている。

※高橋海人の高は、はしごだかが正式表記

この記事の画像(全13件)

ドラマ「ブラック校則」

日本テレビ 毎週月曜 24:59~

関連記事

佐藤勝利のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2019日本テレビ/ジェイ・ストーム

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ブラック校則 / 佐藤勝利 / Sexy Zone / 高橋海人 / King & Prince / 田中樹 / SixTONES / 葵揚 / 水沢林太郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。