「ジョーカー」が動員首位キープ、「マレフィセント2」「スタプリ」など4本初登場

149

10月19日から20日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、「ジョーカー」が3週連続で1位に輝いた。

「ジョーカー」ポスタービジュアル (c)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c)DC Comics

「ジョーカー」ポスタービジュアル (c)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c)DC Comics

大きなサイズで見る(全10件)

コメディアンを夢見る男アーサーが、悪のカリスマ・ジョーカーに変貌していくさまを描く本作。ホアキン・フェニックスがアーサー / ジョーカーを演じ、トッド・フィリップスが監督を務めた。第76回ヴェネツィア国際映画祭では最高賞にあたる金獅子賞を獲得。10月15日の時点で動員141万5587人、興行収入20億8672万6500円を達成している。

「マレフィセント2」 (c)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

「マレフィセント2」 (c)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.[拡大]

「映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて」 (c)2019 映画スター☆トゥインクルプリキュア製作委員会

「映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて」 (c)2019 映画スター☆トゥインクルプリキュア製作委員会[拡大]

初登場作品としては4本がランクイン。前作に引き続きアンジェリーナ・ジョリーとエル・ファニングが共演した「マレフィセント2」が2位、「スター☆トゥインクルプリキュア」初の単独劇場版である「映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて」が3位に入った。竹内久顕、千眼美子、さとう珠緒らが出演する「世界から希望が消えたなら。」は4位、吉田修一の短編集を瀬々敬久が映画化した「楽園」は10位に登場している。

2019年10月19日~20日の全国映画動員ランキングトップ10

1.(1→ / 3週目)「ジョーカー」※R15+指定作品
2.(NEW)「マレフィセント2」
3.(NEW)「映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて」
4.(NEW)「世界から希望が消えたなら。」
5.(2↓ / 2週目)「最高の人生の見つけ方
6.(3↓ / 6週目)「記憶にございません!
7.(4↓ / 2週目)「空の青さを知る人よ
8.(7↓ / 2週目)「イエスタデイ
9.(5↓ / 3週目)「HiGH&LOW THE WORST
10.(NEW)「楽園」

※()内は先週の順位と公開週数
※興行通信社調べ

この記事の画像(全10件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 世界から希望が消えたなら。 / イエスタデイ / マレフィセント2 / ジョーカー / 記憶にございません! / 楽園 / 最高の人生の見つけ方 / 映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて / 空の青さを知る人よ / HiGH&LOW THE WORST の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。