映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

岡田健史は「努力の天才」「情熱的」、共演の中尾暢樹や犬飼貴丈が大絶賛

380

「フォローされたら終わり」制作発表会見の様子。左から松大航也、犬飼貴丈、小川紗良、岡田健史、中尾暢樹、ゆうたろう。

「フォローされたら終わり」制作発表会見の様子。左から松大航也、犬飼貴丈、小川紗良、岡田健史、中尾暢樹、ゆうたろう。

AbemaTVオリジナルドラマ「フォローされたら終わり」の制作発表会見が本日10月20日に東京・UDAGAWA BASEにて行われ、キャストの岡田健史小川紗良中尾暢樹ゆうたろう松大航也犬飼貴丈が登壇した。

とある行動がきっかけで秘密にしてきたことが丸裸にされてしまう、SNSの闇が描かれる本作。キャストの中で第一印象とのギャップがあった人物として小川の名前を挙げた岡田が「役柄上、同級生の設定なのであえてタメ口でいったのに目も合わせてくれなくて。男子はみんな嫌われたのかなと思っていた(笑)」と振り返ると、小川は「最初は緊張して猫かぶってしまうんですけど、どの現場でも実は自分が一番子供なんです」と申し訳なさそうに弁明する。すると岡田は「差し入れのアイスを食べている小川さんが、食べたいアイスを事前にキープしていた」と小川の“子供な瞬間”を目撃したことを明かした。

以前に「ゆうたろうがツッコミ役」と発言していた中尾は、「ゆうたろうはツッコミというか毒舌キャラだと思うんですよね!」と改めてコメント。ゆうたろうが「思ったことを直接言っちゃうだけだよ(笑)」と返すと、ほかのキャストたちは「新たな人種だよね」と声をそろえる。

また犬飼は、松大に対して「今日、松大くんの携帯の待ち受け画面が自分だということに気付いたんです。先輩への距離の縮め方、間違っているよね(笑)。慕っていただけるのはありがたいけど怪しまれないように!」と忠告。これに松大が「撮影期間中も今も待ち受けです。犬飼さんのこと、とても尊敬してます!」と笑顔でラブコールを送ると、会場からは笑いが起こった。

自身のInstagramに関して尋ねられると、岡田は「『よし、やろう』で今日まで来たって感じです」と独学で楽しみながら更新していることを告白。中尾が「健史は努力の天才。なんでもまっすぐやるのでアドバイスとか要らないんです」と続けると、岡田は「こうして岡田健史のイメージが作られていくんです(笑)」と照れながら返答する。さらに犬飼も「岡田くんは今まで出会ったことがないくらい情熱的な人。朝も支度が終わったら誰よりも早く現場に来ている。刺激をもらいました」と岡田を称賛した。

1話15分の「フォローされたら終わり」は、10月27日22時よりAbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルにて2話ずつ放送。全16話となる。

フォローされたら終わり

AbemaSPECIALチャンネル 2019年10月27日(日)スタート 毎週日曜 22:00~22:30

(c)AbemaTV

映画ナタリーをフォロー